格安SIMに乗り換えるのにセット売り端末がオススメな3つの理由

コラム

格安SIMに乗り換えるのにセット売り端末がオススメな3つの理由

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

格安SIMに乗り換えたい。その理由は月額利用料金を節約したいというものでしょう。そうなのであれば、スマホも格安スマホの方が費用の節約になります。では、どのような格安スマホがいいのか。それは格安SIMとのセット売り端末がオススメです。

スポンサーリンク

セット売り端末がオススメな3つの理由

いわゆる三大キャリアから格安SIMへの乗り換えは周波数帯が合っているかの動作確認や古い携帯を使い続ける必要があったりします。そこで、セット売り端末を利用することでいろいろなメリットが出てきます。1つずつ見ていきましょう。

理由1:格安SIMで使えると保証されていること

キャリアバナー

格安SIMはどこのキャリアの電波を使っているのか、ドコモ、au、ソフトバンクの3つがあります。ドコモにしか対応していない格安スマホではau回線の格安SIMは使えません。格安SIMと格安スマホを同時に購入することによって、そんな相性の問題を考える必要がなくなります。

理由2:特別に安く格安スマホが買える可能性があること

楽天モバイルバナー

例えば、現在「楽天モバイル」で行われている「夏トクキャンペーン」では、格安スマホが一括払い「980円」で購入できます。機種は「ZTE BLADE E01」少し古い端末になりますが、この値段は魅力です。とりあえず、電話、メール、LINE、SNS程度に使うのであれば充分でしょう。

理由3:キャンペーンの特典が増額される可能性があること

BIGLOBEキャッシュバック

現在「BIIGLOBEモバイル」で行われている「最大20,000円キャッシュバック」では、3ギガSIMのみのキャッシュバックが7,000円のところ、端末セットだと12,000円と大きく金額が上がっています。こういうキャンペーンを狙って端末をセットで買うこともオススメです。

セット売り販売をしている事業者一覧

SIM
ブランド
特徴 回線
mineo コミュニティサイト「マイネ王」が活発で、問題があっても解決する情報を手に入れられる可能性が高い。また、ユーザー同士で余ったパケットを分け合える「フリータンク」があり、パケット不足のときにも安心。 ドコモ/
au
楽天モバイル 楽天が運営している格安SIMということもあり、楽天ポイントが貯まり、楽天ポイントで支払うことも可能。楽天ポイントの獲得倍率もアップするので、楽天ヘビーユーザーには特にオススメ。 ドコモ
UQ モバイル au回線を使った回線速度に定評があり、安定したネットワークが売りのUQモバイル。かけ放題プラン(2年縛り)があるので通話が多い人には特にオススメ。 au
LINEモバイル LINE関連の通信がカウントフリーになる「LINEフリープラン」(500円/月)とツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSがカウントフリー「コミュニケーションフリープラン」(1,100円/月)などヘビーユーザーに嬉しいプランを用意している。SNSを使っていて容量不足になる人にはオススメ。 ドコモ
Y!mobile 家族で複数回線を利用するなら2回線以降500円引きとなる家族割が魅力。家族で乗り換える、もしくはすでに家族が使っている場合は月額料金が抑えられるうえに、他社からの乗り換えなら2年間通信容量が2倍になるキャンペーンなどもあり使いやすい。 ソフトバンク

キャンペーンを狙うか、事業者を選択するか

理由の2つ目と3つ目はキャンペーンですので、使える格安SIMが限定されます。今、キャンペーンをしている格安SIMを探さないといけません。それに比べて理由の1つ目はどこの格安SIMでも同じことが言えます。

もし自分がスマホをどのように使うのか把握しているのであれば、それに合わせた格安SIMを選ぶといいでしょう。とりあえずスマホ代を安くしたいのであれば、キャンペーン重視で金額を抑えて格安スマホを選ぶといいと思われます。自分がどちらなのか、考えて狙っていきたいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-コラム
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TouchFocus

高品質なARヘッドセットに必要な技術は「存在しない」

Appleの最高経営責任者ティム・クック氏はThe Independentの取材に対し「高品質なARヘッドセットやメガネを構築するための『テクノロジ自体が存在しない』」と述べました。Appleにとって …

ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラッ …

money

現金が売られているという異様な光景。フリマアプリ「メルカリ」に潜む社会の闇とは?

フリマアプリ「メルカリ」は、手数料不要で、安心して取引できる、スマホで完結するので簡単。そんな手軽さでどんどんと業績を伸ばしていますが、異様な光景が広がっています。「現金が売っている」のです。どういう …

IoT乾電池

「IoTって何?」「格安スマホって何?」それが何なのかと、言葉の誤用についての話。

最近、筆者には気になっていることがあります。それは「言葉の誤用」です。ある大手メディアでIoT乾電池に関する記事がありました。みてみるとそれは「IoT」ではないのです。おそらく言葉の新しさ、響きだけと …

speedtest

消費者庁がFREETELに措置命令。ネットに流れる噂との合致。信用をゆるがしかねない問題とは?

消費者庁はプラスワン・マーケティングの格安SIMサービス「FREETEL SIM」に対して景品表示法に違反するとして措置命令を下しました。それは「業界最速」という表示。他社よりもスピードが早いという記 …