総務省の行政指導にドコモが対応。他の事業者はどうなのか、現状を分析する。

コラム

総務省の行政指導にドコモが対応。他の事業者はどうなのか、現状を分析する。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

NTTドコモが携帯電話の契約者に対して8日以内にキャンセルできる「確認措置」の受付を適切に行わなかったとして、厳しい行政指導を受けました。ドコモはこれに対応する是正措置を発表。その背景にある携帯電話会社各社の体質を分析します。

スポンサーリンク

総務省からの行政措置

大手3社ロゴ

ドコモの是正措置はこうです。改正電気通信事業法施行後の昨年5月18日までさかのぼり、契約をキャンセルできる「確認措置」を適用できるようにします。条件は「電波状況が不十分」「手続き内容の説明が不十分」「契約書面が交付されていない」ことを満たしたユーザーです。

これは総務省がドコモ、au、ソフトバンクの店舗で実際に覆面調査を行った結果を受けたもの。299件の契約のうち約6割がいわゆる「2年縛り」の説明を適切に行っていませんでした。また上記「確認措置」については約8割が説明が不十分。3社を対象に行政指導がなされ、特にドコモは抜本的な改善を求められました。

この背景には何があるのでしょうか。推測するに、「2年縛り」を契約させるために複雑な割引サービスを説明し、それに加えて、消費者の権利である「確認措置」まで説明ができない現状があると思われます。一般のユーザーの中で、現在の大手3社の料金プランを正確に把握しているユーザーは少ないのではないでしょうか。

新しい火種「セット割」

5月31日に行われた「電気通信市場検証会議」でNTTドコモとソフトバンクが、有線光インターネットとの「セット割」の割引率が大きすぎ、公正な競争を阻害している可能性があると指摘。行政指導も含めた対応の検討に入ると明らかにしました。

これも前述の「2年縛り」と同じ構造にみてとれます。いかにユーザーを拘束し、囲い込みを図るか。割引はユーザーのためではなく、囲い込みのための「エサ」に使われています。

では、auは適正な割引をしているのか。筆者にはそうはみえません。先日、発表された「auピタットプラン」。月額1,980円とドコモの新プランにぶつける形で発表されましたが、これは契約から1年間の間「ビックニュースキャンペーン」という原資が不明な割引価格になっています。本来の価格は2,980円です。

囲い込みのための複雑な「割引」制度。結局はどの事業者も変わりません。これは携帯電話大手3社の体質と言っていいでしょう。ユーザー側にも「何らかの割引がないと『お得感がない』」というアンケート結果があり、もはやこの体質に慣れてしまっています。

格安スマホ業界ではどうなのか

総務省は6月21日、MVNO(仮想移動体通信事業者)、いわゆる「格安スマホ」会社のスマートモバイルコミュニケーションズに対して行政指導を行いました。2016年5月の改正電気通信事業法の施行後、総務省と消費者生活センターに以下のような苦情が寄せられていたことによります。

・業務上の不注意により、利用者が解約を求めたものの解約処理が適切に行われなかった。
・利用者からの問い合わせに対する処理が適切かつ迅速に行われなかった。
・初期契約解除制度についての誤案内が行われた。

またその指導の中で「大手携帯電話会社の回線を使っていることを強調し、同等のサービスが提供されると誤認する恐れがある」「端末の支払いが実質0円であることを強調し、無料・プレゼント等と説明、割賦契約が締結されることが正しく認識されない」ことにも触れられています。

格安スマホ会社とのトラブル増加

格安スマホ会社や格安SIM会社など呼び方は異なるものの、MVNOに対するトラブルは増加しており国民生活センターから注意喚起が行われる事態になっています。ユーザーに大手携帯電話会社とのサービスの違いが説明できていない結果でしょう。

その中には「FREETEL」で「『業界最速』の通信速度」などの根拠のない広告が行われ景品表示法違反での措置命令もあります。MVNO普及期の混乱のさなかにより信頼感を失わせるこのような行為は許されないでしょう。

携帯電話業界全体の問題

大手通信電話3社の「割引」による囲い込み体質は改善の様子はみられません。またMVNOにおいても、既に利益を追求するがための歪みが出始めています。ユーザーの利益を考えない一方的なマーケティング手法については、許されるべきでないと考えます。

MobaGateでは今後も、このような携帯電話業界全体の問題点を追求すると共に、読者のみなさまへ情報提供を行っていきます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-コラム
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラッ …

Sigfoxシステム構成

続々と登場するIoTプラットフォーム。日本の現状を探る。

大手キャリアは既にIoT(モノのインターネット)のプラットフォームを持っていますが、最近になって他の企業でもプラットフォームを発表するようになってきました。そのサービスを紹介して、日本のIoTの今をみ …

IoT乾電池

「IoTって何?」「格安スマホって何?」それが何なのかと、言葉の誤用についての話。

最近、筆者には気になっていることがあります。それは「言葉の誤用」です。ある大手メディアでIoT乾電池に関する記事がありました。みてみるとそれは「IoT」ではないのです。おそらく言葉の新しさ、響きだけと …

surfaceバナー

MSが「Surface」の月額プランを開始。今後の主流となるか。

マイクロソフトは米国にて、「Surface」シリーズの月額プランを発表しました。18ヶ月で新しいSurfaceにアップグレードすることができます。一方のAppleも、現在ショッピングローン金利0%キャ …

speedtest

消費者庁がFREETELに措置命令。ネットに流れる噂との合致。信用をゆるがしかねない問題とは?

消費者庁はプラスワン・マーケティングの格安SIMサービス「FREETEL SIM」に対して景品表示法に違反するとして措置命令を下しました。それは「業界最速」という表示。他社よりもスピードが早いという記 …