消費者庁がFREETELに措置命令。ネットに流れる噂との合致。信用をゆるがしかねない問題とは?

コラム

消費者庁がFREETELに措置命令。ネットに流れる噂との合致。信用をゆるがしかねない問題とは?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

消費者庁はプラスワン・マーケティングの格安SIMサービス「FREETEL SIM」に対して景品表示法に違反するとして措置命令を下しました。それは「業界最速」という表示。他社よりもスピードが早いという記述に対して「合理的な根拠がない」と判断されました。

スポンサーリンク

FREETELのスピードテスト最適化疑惑

FREETELは「通信速度が速い」ということを一番の売りにして勢力を拡大しています。今回の措置命令も「業界最速」をうたったものでした。しかし以前から「スピードテストと体感速度が違う」という声が聞かれています。

あるサイトの計測によると、12時の一番混雑する時間帯にスピードテストアプリで「11Mbps」という速度を記録しています。他社のSIMだと早くて数Mbpsという時間帯にこの速度は「業界最速」とうたえる速度かもしれません。

しかし、同時間帯にYoutubeの視聴を計測してみると、0.3Mbps〜0.5Mbps程度と、説明ができないくらいの速度しか出ていません。またアプリのダウンロードについても0.5Mbps程度でした。

しかし、このサイトはこの「スピードテストへの最適化疑惑」を検証するサイト。少々、偏った見方になってしまっている可能性もあります。

別視点からの速度計測結果

speedtest

ニュースサイト「ITmedia」での企画は「混雑時にYoutubeを快適にみられる格安SIMは?」というものです。スピードテストの結果は、2.7Mbpsとそれほど突出して速いわけではありません。しかし、Youtubeの視聴の際には0.2Mbps〜0.3Mbpsと、やはり大きな差があります。

ユーザーには判別の方法がない

スピード測定結果についてだけ速くすることは簡単にできます。スピードテスト行きのデータを優先的に送信すればいいだけです。しかしこれは、事業者側での設定によるもので、ユーザーにはわかりません。しかし、「スピードテストだけ速くしているのでは?」という声が上がっているのは事実です。

そこへきて、「業界最速」をうたったことに対して、消費者庁から「合理的な根拠がない」と是正措置が出ています。これ以上は憶測になりますので控えますが、果たしてFREETELは信用に値するのか、それは疑問に思われます。現状でもわかりにくいと言われている格安SIM。健全な市場の成長を望みます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-コラム
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Bluetoothがメッシュネットワーク対応。スマートホームの基盤となるか。

Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、「Bluetooth 5」のメッシュネットワーク対応を発表しました。これで低消費電力デバイスの相互通信が可能となり、スマー …

TouchFocus

高品質なARヘッドセットに必要な技術は「存在しない」

Appleの最高経営責任者ティム・クック氏はThe Independentの取材に対し「高品質なARヘッドセットやメガネを構築するための『テクノロジ自体が存在しない』」と述べました。Appleにとって …

骨盤矯正

これからはTwitterで拡散よりも、Instagramで手書き!?

Instagramで「#手書きツイート」というタグが人気を集めています。元々は写真で伝えられない思いを手書き文字で書いて、Istagramで公開するというもの。しかし、これからは手書きのイラストが人気 …

スマートフォンバナー

ついにホノルルで「歩きスマホ」に罰金刑が適用になる

「歩きスマホ」英語では「スマートフォンゾンビ」と呼ぶこの問題は、どこの国でも問題になっています。日本では自転車に乗ってスマートフォンを操作する行為が、何度も指導されると罰金となりますが、ホノルルでは1 …

ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラッ …