スマートフォンバナー

ついにホノルルで「歩きスマホ」に罰金刑が適用になる

スマートフォンバナー

「歩きスマホ」英語では「スマートフォンゾンビ」と呼ぶこの問題は、どこの国でも問題になっています。日本では自転車に乗ってスマートフォンを操作する行為が、何度も指導されると罰金となりますが、ホノルルでは10月25日から「歩きスマホ」が罰金となります。

スポンサーリンク

歩きスマホでの罰金

今年10月25日から施行される法律では、ハワイ州ホノルルで、道路を横断しながら携帯電話の通話をしたり、操作をしたりするところを発見されると、その重大さに応じて15ドル〜99ドル(約1,700円〜11,000円)の罰金となります。

アメリカ国内では、歩行中の携帯電話利用が事故や怪我の原因となることが指摘されてきました。2015年にメリーランド大学が行なった調査では、2000年から2011年にかけて1万1,000人の怪我人が携帯電話に関係していると発表されています。

スポンサーリンク

各国の歩きスマホに対する取り組み

「歩きスマホ」の問題は世界各国で取り組みがなされています。イギリス・ロンドンでは街灯の柱を埋め込むことで怪我を防ごうとしています。ドイツ・アウグスブルグ市では、路面電車の近くの信号を地面に埋め込むことで、歩きスマホをしている歩行者にもわかるようにしています。

一方で、このホノルルの罰金刑に対しては反対意見もあり、個人の自由を侵害するものであり、啓蒙によって解決するべきだという声も上がっています。

日本はどうなっていくのか

日本では最初に書いたように自転車への規制は道路交通法によって規制されています。しかし、歩きスマホとなるとどうでしょうか。電車のホームでは視覚障害者に向けてではありますが、ホームドアの設置が進められていて、歩きスマホで線路内に落ちる事故は減っていくでしょう。

しかし、周りをみる限り、路上での歩きスマホの危険性はあまり意識されていない印象です。歩きスマホをしないようマナー向上のポスターをよく見かけますが、よりひどくなるようであれば、日本でも罰金刑が導入されるかもしれません。

参考URL:Reuters.com