money

現金が売られているという異様な光景。フリマアプリ「メルカリ」に潜む社会の闇とは?

フリマアプリ「メルカリ」は、手数料不要で、安心して取引できる、スマホで完結するので簡単。そんな手軽さでどんどんと業績を伸ばしていますが、異様な光景が広がっています。「現金が売っている」のです。どういうことなのかお伝えします。

スポンサーリンク

現金が売れる意味

money
このような形で現金が売られています。10万円が約12万円で売れています。異様としか言いようがありませんが、需要があるのです。メルカリの支払いは基本的にクレジットカードで行われます。10万円をクレジットカードで買うと、クレジットカードの「ショッピング枠」が現金化できます。

クレジットカードには「キャッシング枠」がありますが、これはただの借金です。キャッシング枠は金額が少ない、もしくはキャッシング枠自体がないこともあります。その点、ショッピング枠には余裕がある。この差から、「10万円を12万円で買う」という事態が発生します。

ショッピング枠の現金化

このようなビジネスはリアルに以前から存在していて、「ショッピング枠を現金化します」という売り文句で商売がされています。基本的には「買い物」ですので、貸金業法の登録は必要ありません。あまりにも酷い「みなし上の金利」が高い場合、貸金業法の準用という名目で摘発されている事例は存在します。

メルカリはどう捉えているのか

運営会社メルカリはどのように捉えているのかはわかりません。しかし、これで利益が出ていることは把握していると言って間違いないでしょう。法的にも問題はないことなのかもしれません。しかし企業倫理的にはどうなのでしょうか。

メルカリのミッションは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットを作る」。貧困ビジネスとも言えるマーケットを作り出すことが、新たな価値なのでしょうか。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

1 thought on “現金が売られているという異様な光景。フリマアプリ「メルカリ」に潜む社会の闇とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー