中高生には「Twitter派」と「Instagram派」が。もう一歩踏み込むと…

コラム

中高生には「Twitter派」と「Instagram派」が。もう一歩踏み込むと…

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

SNSバナー

高校生にとって「LINE」はもはやインフラ。通信のメインです。それに加えて大抵の女子高生は「Twitter」と「Instagram」を同時に使っていて、どちらがメインかで派閥があるという調査がありました。しかし、これはマーケティングの話。それからもう一歩踏み込んでみます。

スポンサーリンク

「Twitter派」と「Instagram派」

大抵の女子高生はメインに使っているSNSがあり、その声としては、「Twitterだけでインスタを使っていないと変わった子扱いされる」「インスタを使いこなしている派閥が一番強い」というものがありました。「インスタ映え」「インスタグラマー」など、華々しい面があるInstagramが強いという話でしょう。

インスタ女子高生となると行動がインスタ前提になるようです。例えば、花火に行くとなると、インスタにアップする。そのためには浴衣を着るといった具合です。Instagramで「浴衣」を検索してみると125万件もヒットします。

「Instagramは使うけど、きれいすぎて疲れるから、Twitterもしっかり使っている方が本音がわかって好き」「でもインスタをやらないと浮くから、インスタもやっている」と、付き合い方を変えて対応する学生もいるようです。しかし、ここまではマーケティングの話。

中高生の本音

「『ぼっち』の歩き方」を書いている朝井真由美さんによると、中高生の本音はこういうことのようです。

10代の子と話したら「ツイッターやりたくないです。クラスの人気者ほど同学年や先輩後輩からフォローされるのでフォロワーやいいねが多くて、ちょっとスタバの写真を載せるだけで62いいねくらいつく。ヒエラルキーが可視化されるんです」って言ってて、私の知ってるツイッターランドじゃなかった。

Instagram派がその「インスタ映え」を目指すのはいいとして、そこを避けてTwitterを使っているのに「いいね!」の数でヒエラルキー(人気ピラミッド)が可視化されてしまうというのです。もちろんフォロワーの数は重要な人気指数で、その熾烈な競争もあります。

今の中高生は本人とわかるようにTwitterを使うので、リア充か陰キャ(陰気なキャラ)か、可視化されてしまうのでしょう。その対策として趣味垢(趣味用のアカウント)だけ残して、リアルな関係性は切ってしまうという、陰キャを貫く姿勢の中高生も多いようです。

大人にはわからない世界

インターネットは基本的に匿名という大人世代にとって、中高生はかなり生きづらいSNSの使い方をせざるを得ないのでしょう。リアルをある程度大切にするなら、アカウントを持っていないと言うわけにもいかない。毎日学校に通うという現実がある中高生にとって、複雑な世界になっています。

筆者は一時期話題になった「マストドン」を使っていて、そこに来る高校生はとても伸び伸びとしています。検索しても引っかからないので、存分に本音を言えるのでしょう。リアルの建前と趣味の本音、それぞれにツールを分けるなど、うまくSNSを使って欲しいと願ってしまいます。

参考URL:cnet, toggetter

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-コラム
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラッ …

初代iPhone

iPhone発売から10年でどのように進化したのか。そして今。

iPhone発売から10年。年々と進化してきました。Bloombergは、特設ページでiPhoneの内部がどのように進化してきたのか振り返っています。2007年に発売されたiPhoneは世界に衝撃を与 …

money

現金が売られているという異様な光景。フリマアプリ「メルカリ」に潜む社会の闇とは?

フリマアプリ「メルカリ」は、手数料不要で、安心して取引できる、スマホで完結するので簡単。そんな手軽さでどんどんと業績を伸ばしていますが、異様な光景が広がっています。「現金が売っている」のです。どういう …

IoT乾電池

「IoTって何?」「格安スマホって何?」それが何なのかと、言葉の誤用についての話。

最近、筆者には気になっていることがあります。それは「言葉の誤用」です。ある大手メディアでIoT乾電池に関する記事がありました。みてみるとそれは「IoT」ではないのです。おそらく言葉の新しさ、響きだけと …

Google Map

バイク用ナビにはSIMフリー格安スマホがオススメな4+1の理由

現在、筆者は旅に出ています。旅先でこの記事を書いていますが、ここまでバイクで8時間。その間、SIMフリースマホで「Google Map」を使いながら走ってきました。そこで思うのはやはり、バイクでのナビ …