MobaGate http://mobagate.net 激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア Wed, 18 Oct 2017 10:48:39 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.6 http://mobagate.net/wp-content/uploads/2017/01/cropped-MobaGate_icon-1-32x32.png MobaGate http://mobagate.net 32 32 これこそ世界に必要だ!2画面スマホ「Axon M」 http://mobagate.net/news/android/zte-axon-m-dual-display-smartphone/ http://mobagate.net/news/android/zte-axon-m-dual-display-smartphone/#respond Wed, 18 Oct 2017 10:48:39 +0000 http://mobagate.net/?p=4855 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
ZTEは2画面スマホ「Axon M」を発表しました。折りたたむことができるようになっており、大画面6.75インチのスマートフォンとしても、2画面のマルチタスクとしても使えます。そうです。世界にはこういう端末こそ必要なのです。

2画面をお好きにお使いください

細かいことは後に回すとして、問題は「2画面をどう使うか」です。ここに本質があるからです。

まずはアプリを起動してみましょう。この一覧性。フリップの必要性を感じませんね。

ホーム画面

地図を大きくしてみましょう。みやすいです。しかし、何か足りない気がします。

Google Map

裏側のヒンジがつながっているので、このように立てることができます。同じ画面を違う画面で二人で観る。これはいい線をいっているかもしれません。

縦置きの様子

これは!!この状態で机に置けば、二人一緒にいながら違う映画が観れます。喧嘩になりません。

動画同時再生

素直にいいな。と感じたのはこの文字入力方法。スマホですとどうしても小さなキーボードになります。日本語にはフリップ入力がありますが、英語にはありません。大きなキーボードは打ちやすいでしょう。ちょっとしたコーディングも…できるかもしれません。

キーボード入力

真剣にスペックをお伝えします

この製品にかける情熱に思わず記事の構成がおかしくなってしまいました。左右のディスプレイはそれぞれ別のアプリを動かせるデュアルモード、一枚の大画面として使うエクステンデッドモード、同じ画面を表示するミラーモード、片方だけ使うシングルモードがあります。

ディスプレイ単体でみると、5.2インチの1920 x 1080の液晶ディスプレイが2枚つながっている形になります。プロセッサは高スペックのSnapdragon 821、4GB RAM、64GBのストレージとなっています。

1枚のディスプレイとして使う場合には6.75インチの2160 x 1920のディスプレイとなり、18:16という他にはない比率となります。このためZTEは最も多く使われるアプリ100本のうち80本を最適化したという気合いの入れ方です。

Google Mapはもちろん、Chrome、Youtube、Google Docs、Twitterなど多くのアプリは問題なく使えるようになっています。

今一度、どう使うのか

Android7.0標準のマルチタスクアプリであれば、そのままで利用可能です。2つのスマホを使って作業をしている人にも向いていますが、そんな人がいるのだろうかと思ったら、筆者自身でした。今、1台のスマホでゲームをしつつ、もう1台のスマホでLINEをしていたりします。

そんな奇特な方でなくとも、このガジェット好きをくすぐる2画面スマートフォン。検討に値するのではないでしょうか。

参考URL:
engadget.com
techradar.com

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/android/zte-axon-m-dual-display-smartphone/feed/ 0
HPのWindows MRゴーグルが発売開始!コントローラー付! http://mobagate.net/news/technology/hp-win-mr-headset-released-which-select-hp-or-acer/ http://mobagate.net/news/technology/hp-win-mr-headset-released-which-select-hp-or-acer/#respond Tue, 17 Oct 2017 22:48:47 +0000 http://mobagate.net/?p=4847 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
日本HPは10月17日、「WIndows Mixed Reality」対応のヘッドセットを発売開始しました。コントーラー付きで、59,800円(税抜)。公式オンラインストアで購入できます。

HP Widows Mixed Reality Headset

ヘッドセット外観

主な仕様は以下の通りとなっています。

ディスプレイサイズ:2.89インチ x 2
ディスプレイ解像度:1440 x 1440 x 2
リフレッシュレート:90Hz(最大)
視野角:水平100度(最大)

ちなみに、AcerのA101ヘッドセットとの違いは視野角でしょう。A101は95度となっています。

どちらを選ぶ?

ヘッドセット比較

HPのヘッドセットは59,800円(税抜)、Acerのヘッドセットは、54,800円(税抜)です。
見た目ではやはりHPの方が高級感があります。両方ともすぐに顔を出せるフリップアップ方式で顔に固定するため、その点での違いはありません。

要求されるパソコンのスペックなどはWindows Mixed Realityで基準がありますので、その部分でも違いはありません。主なスペックは以下の通りです。 Ultraスペックですと、リフレッシュレートが90Hz、下位のスペックではリフレッシュレートが60Hzとなります。

要求スペック

Acerのヘッドセットは一般の家電量販店で購入できるため、在庫があれば装着感などを確認できる店舗もあるでしょう。装着感も「没入感」に大きく影響する部分ですので、試してみて、納得がいかないようであれば、高級なHPという選び方ができるかもしれません。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/technology/hp-win-mr-headset-released-which-select-hp-or-acer/feed/ 0
ほぼ全てのスマートフォンに影響する深刻な脆弱性「KRACK」 http://mobagate.net/news/security/what-you-can-do-to-protect-yourself-from-the-krack-wifi-vulnerability/ http://mobagate.net/news/security/what-you-can-do-to-protect-yourself-from-the-krack-wifi-vulnerability/#respond Tue, 17 Oct 2017 05:49:01 +0000 http://mobagate.net/?p=4841 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
家ではWi-Fiを使って通信量の削減をしているユーザーがいるでしょう。また公共Wi-Fiを使うユーザーもいると思います。10月16日、このWi-Fiで一番よく使われている暗号化技術「WPA2」に極めて深刻な脆弱性が発見されました。かなり大きな影響があります。

KRACKとは?

KRACKとは、Key Reinstallation AttaCKsと命名され、日本語にすると「キー再インストール攻撃」となります。これは暗号化通信を開始する際のやり取りの際に、暗号キーを削除し、不正なキーをインストールすることで通信を乗っ取ります。(簡略化のため記述は省略しています)

ハンドシェイク

通信を乗っ取ることで、通信内容を盗聴したり、攻撃コードを埋め込んだり、ユーザーを不正なサイトに誘導したり、様々な攻撃ができるようになります。「https」で暗号化された通信について攻撃者はみることができませんが、別の攻撃を受ける可能性はあります。

KRACKに対する各社の対応は?

初期調査ではGoogle、Apple、Microsoft、ほとんどの危機が影響を受けることが判明しています。各社の対応はこのようになっています。

Apple:「iPhone」と「iPad」に搭載されている「iOS」および「macOS」「watchOS」「tvOS」に対する修正がベータ段階にあり、数週間のうちにアップデートをリリースする予定

Microsoft:自動アップデートを通じてセキュリティアップデートが10月10日に提供されている。それを適用していれば、今回の脆弱性から保護される。

Google:問題を確認しており、影響を受けるデバイスに対するパッチを数週間のうちに発行する予定。(注:それから各Android端末に適用されるためベンダーの対応が必要)

しかし、長期にわたって安全でない可能性も

公共Fi-Fi

スマートフォン側の対策が終わっていても、親機側の対応がされていなければ危険な状態のままになります。家のWi-Fiであればセキュリティパッチを適用することが必要でしょう。公共Wi-Fiについてはコントロールの外にあります。対応を待つしかありません。

公共Wi-Fiにはしばらくの間、接続しない方が安全でしょう。Wi-Fiをオンにしておくと自動的に接続してしまう可能性もあるため、外出時にはオフにして、モバイル通信だけで通信する方が安全です。この脆弱性を使ってどのような攻撃が行われるかわからないためです。

これは確かに深刻な問題ですが、本当に攻撃が行われるかは未知数です。しかし、ほとんど全てのWi-Fi危機がWPA2を使っているため、影響の範囲も未知数です。もしこの記事を読んでいただけたら、自分でアップデートできる機器は対応をしてほしいと願います。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/security/what-you-can-do-to-protect-yourself-from-the-krack-wifi-vulnerability/feed/ 0
16個のレンズがあるコンパクトデジカメ「L16」 http://mobagate.net/news/technology/l16-compact-camera-has-16-lens/ http://mobagate.net/news/technology/l16-compact-camera-has-16-lens/#respond Mon, 16 Oct 2017 23:56:04 +0000 http://mobagate.net/?p=4830 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
以前の記事で「デュアルカメラの機能がデジカメにも欲しい」と書いたことがありますが、それを超えるコンパクトデジカメが登場しました。それは「L16」。なんと16個のレンズが搭載され、一眼レフ並みの写真を取ることができます。

16個のレンズで何をするのか

L16

そんなにレンズを搭載して何が行われるのか。レンズは35mm換算で、25mmが5個、70mmが5個、150mmが6個、それらが少し角度を変えて取り付けてあります。写真を撮るとすべてのレンズで撮影し、5,200万画素の高画質で写真が撮れます。

そして、撮影後でもピントの合う位置や範囲(被写体深度)が変更可能です。これは最近流行のデュアルレンズスマホと同じような機能です。そして25mmから150mmまでの光学ズームが利用可能です。

ちょっとどのような合成が行われるのか、デモ動画を観ていただきましょう。19秒の動画になっています。

近距離の人物は70mmのレンズで撮り、周辺の背景は25mmの広角レンズで撮っているようです。そして、統合して背景のボケ味を演出しているということでしょう。明るさが足りないシーンですが、レンズをズームせずにf2.0のまま撮ることによって、ノイズを防ぐ効果もあると思われます。

作例をみてみる

作例1

まずは女性のポートレート写真。背景が手前から奥へ自然にボケていき、被写体はシャープに撮れています。おそらく、このシーンが「L16」の一番得意とするシーンでしょう。一眼レフと比べても遜色ありません。

作例2

この写真は似たようなシーンではありますが、水面の花のため被写体までの距離があると思われます。おそらく70mmと150mmのレンズが合成されています。シーンとしては、もう少し背景のボケた幻想的な画にしたいところではあります。望遠マクロのような写真は無理ということでしょう。

コンパクトな一眼レフ

大きさとしては一般的なコンパクトカメラと同じくらい。今のスマートフォンより一回り小さく、少し厚くなっています。この大きさで一眼レフの標準レンズ並みの写真が撮れる。たいへん魅力的なカメラではないでしょうか。この時代が続くと3つや4つのレンズが搭載されたスマートフォンが登場しても不思議ではありません。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/technology/l16-compact-camera-has-16-lens/feed/ 0 「IKEA」のARアプリが日本対応!早速使ってみた http://mobagate.net/news/app/ikea-ar-app-released-japanese-ver-now/ http://mobagate.net/news/app/ikea-ar-app-released-japanese-ver-now/#respond Mon, 16 Oct 2017 09:50:38 +0000 http://mobagate.net/?p=4821 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
iOS11のリリースと共に、アメリカではリリースされていた家具メーカー「IKEA」のARアプリ。これが日本語に対応し、ダウンロードできるようになりました。早速、使ってみた感想をお伝えします。

「IKEA」の家具を配置

アプリを起動するとまずは対話形式でナビゲートが始まります。

アプリの起動

「カメラを床に向けてください」と具体的な指示。床をスキャンしているようです。

床をスキャン

置いてみる家具を選びます。とりあえず、3人掛けソファを選択。

家具の選択

これがその結果です。何とか収まって部屋の一面を占める感じになります。

設置イメージ

隣のスペースに本物の椅子を置いてみました。これをみると縮尺も正確なようです。

縮尺の確認

非常に出来が良いアプリ

これは率直に「出来が良い」と感じました。他のアプリは起動すると、「カメラを動かしてください」「スキャンしています」など、どうしていいのか今ひとつわからないアプリがほどんど。このアプリは「カメラを床に向けてください」と具体的な指示があります。

カメラを床に向けると認識された部分が黄色い点で表示されます。ちゃんと認識している過程がわかるのも良い点でしょう。

もしIKEAで家具を買おうと思うなら、使ってみるべきアプリと言えます。ソファやベッドの失敗はとても大きいものになってしまいますから。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/app/ikea-ar-app-released-japanese-ver-now/feed/ 0
自転車をオートロックにする「Bisecu」 http://mobagate.net/news/app/bisecu-the-most-advanced-smart-bike-lock/ http://mobagate.net/news/app/bisecu-the-most-advanced-smart-bike-lock/#respond Mon, 16 Oct 2017 09:49:58 +0000 http://mobagate.net/?p=4816 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
もう一般的な文化となったロードバイク。しかし盗難にあいやすい自転車でもあります。そんな自転車を「オートロック」にする「Bisecu」。スマートフォンと連動したロックに加え、アラーム、スピードメーター、距離計などの機能も持ちます。

スマートフォンと連携してオートロック

オートロックの様子

自転車に乗る際、スマートフォンとBisecuをペアリングします。そして、駐車するときにはそのまま離れるだけでロックされます。Bluetoothの電波の強さを感知して自動的にロックがかかります。再度乗る際は、近づくだけでロック解除。これも電波の強さで感知します。

電波の強さ

フロントホイールに取り付け、ホイールをロックする形になっています。充電はマイクロUSB経由。2時間の充電で6ヶ月間も動作します。バッテリーが切れたり、スマートフォンをなくしたりしても、暗証番号の入力でロック解除できるので安心です。

豊富な追加機能も

アプリ画面

アプリと連動して、ロックの状態はもちろん、自転車に触れられた場合にはアラーム音がなるとともに、アプリに通知が来ます。アプリにはその他、スピードメーター、平均速度、移動距離、走行記録などの機能があります。

現在Kickstartaerで出資を募集しており、目標金額には既に達しています。現在は30%オフの$89プラス日本への送料$20で入手できます。Kickstarterが日本に進出したため、出資がしやすくなっているので手を出しやすいでしょう。

自転車のセキュリティは、ロードバイクにとって悩みのひとつ。ぜひ検討してみてください。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/app/bisecu-the-most-advanced-smart-bike-lock/feed/ 0
高品質なARヘッドセットに必要な技術は「存在しない」 http://mobagate.net/column/there-is-not-exist-high/ http://mobagate.net/column/there-is-not-exist-high/#respond Sun, 15 Oct 2017 09:18:06 +0000 http://mobagate.net/?p=4807 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
Appleの最高経営責任者ティム・クック氏はThe Independentの取材に対し「高品質なARヘッドセットやメガネを構築するための『テクノロジ自体が存在しない』」と述べました。Appleにとっては「高品質」であることがとても重要な要素なのでしょう。

ARヘッドセットの課題

MobaGateでは簡易なARヘッドセットを紹介したことがあります。しかし、Appleとして考えているのはもっと高品質なもの。クック氏はこのように語っています。

ディスプレイ技術を必要とするほか、ユーザーが顔の周りにさまざまなものを装着しなければならないことについても、非常に大きな課題がある。視界やデイスプレイ自体も、まだ満足できる水準に達していない。

しかし、Appleの特許や企業買収をみてみると、その課題を克服する方法を模索しているようにみえます。クック氏はこのようにも答えています。

製品を最初に発売することには何の関心もない。われわれは最高の製品を開発し、素晴らしい体験をユーザーに提供したいと考えている。しかし、われわれの満足できる製品が近い将来に登場することはないだろう。大半の消費者もそれらの製品には満足しないと思う

Appleが真剣に取り組んだプロダクトとなれば、市場の期待は相当なものになるでしょう。これまでの革新性がゆえに、そのハードルは高くなります。その点では安心して良さそうです。期待を超えてくれるようなものを目指しているように受け取れます。

このような製品になるかもしれない

過去には「Google Glass」がありました。その最先端の技術は注目を集めましたが、一般ユーザーが利用するにはあまりにも「奇妙」な形をしていて、結局、成功することはありませんでした。

TouchFocus

これは三井化学株式会社が開発した「TouchFocus」。通常のメガネのように見えますが、フレームサイドのタッチセンサーに触れると、液晶レンズが作動し、遠近が切り替わります。とてもスマートなリーディンググラスです。

もし、このようにタッチするだけでAR体験が得られるとしたら……。それは素晴らしい体験以上のパラダイムシフトを起こしそうな予感がします。ARの時代はまだ始まったばかりです。これからどのような時代になるのか。期待して良さそうです。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/column/there-is-not-exist-high/feed/ 0
【iPhone】ロック画面の通知を他人にみせない方法 http://mobagate.net/tips/iphone/how-to-hide-notice-at-lock-display/ http://mobagate.net/tips/iphone/how-to-hide-notice-at-lock-display/#respond Sun, 15 Oct 2017 09:14:06 +0000 http://mobagate.net/?p=4799 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
iOS11からロック画面に表示される通知を設定できるようになりました。今まで通りの通知で内容まで知ることもできますが、他人にみられるのが少し嫌だというユーザーもいると思います。その場合、通知だけ表示することができます。

通知のみ表示する方法

ロック画面のメッセージの内容まで表示せず、通知のみ表示するには、「設定」アプリを開き、「通知>プレビューを表示」とタップして、「ロックされていないときのみ」を選択します。10秒の動画で設定をご覧いただきましょう。

どのように表示されるのか

通知が来ると、どの「アプリからの通知か」だけが表示されます。例として「リマインダー」の通知を出してみました。

リマインダーからの通知

Touch IDで認証すると、通知の内容が表示されます。

通知内容

iPhone Xでは顔認証で表示

この設定がiPhone Xですと、本人がiPhoneを見たときのみメッセージが表示されるようになります。その方がよりスマートにメッセージを確認できそうです。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/tips/iphone/how-to-hide-notice-at-lock-display/feed/ 0 iPhone発売から10年でどのように進化したのか。そして今。 http://mobagate.net/column/iphone-evolute-10-years/ http://mobagate.net/column/iphone-evolute-10-years/#respond Sat, 14 Oct 2017 12:05:52 +0000 http://mobagate.net/?p=4793 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
iPhone発売から10年。年々と進化してきました。Bloombergは、特設ページでiPhoneの内部がどのように進化してきたのか振り返っています。2007年に発売されたiPhoneは世界に衝撃を与えました。そして今はどうなっているのでしょう。

iPhone内部、10年の進化

初代iPhone

初代iPhoneのバッテリーは黄色いビニールテープで巻かれた、その当時一般的であったバッテリーをそのまま使っているようです。容量は1,400mAh。カメラは200万画素で印刷に耐えられるようなレベルではありませんでした。

ARM11プロセッサはシングルコアの412MHz、メモリは128MB。現在ではGhz、GBのものが搭載されていますので、1000分の1単位の性能しかありません。しかし、それでも充分かつ革新的でした。

iPhone 4 5 6

iPhone 4から急激な進化を始めます。iPhone 4では隙間がないくらいに回路が集積されています。これには逸話が残されていて、iPhoneのプロトタイプを今は亡きジョブズに見せた際、ジョブズはそれを水槽に入れました。出てきた気泡をみて「まだこんなに余裕があるじゃないか」と言ったそうです。

iPhone 5では「縦に長くなる」という今までにない形になりました。これは当時大きな話題となり、「iPhone 10の頃には1メートルくらいのiPhoneになるだろう」と揶揄されました。しかしこのサイズは今もiPhone SEとして残っています。とても手に馴染む大きさだと筆者は思います。

しかしiPhoneも時代の流れに乗ることとなり、大型化の道を進んだのがiPhone 6になります。スマートフォンでできることは大幅に増え、情報量は小さな画面では収まらなくなったのです。

iPhone 8

そして、先日発売されたiPhone 8。A11 Bionicプロセッサが搭載され、デュアルコアの動作速度は2.34Ghzと言われています。補佐として4コアも用意されています。その動作速度はMacbook Proを超えることさえあり、初代とは比べものになりません。

Plusにはデュアルカメラが搭載され、一眼レフカメラに匹敵するような写真が取れるようになりました。背景がボケた幻想的なポートレイト写真が取れるだけでなく、様々なエフェクトを写真にかけることができます。

iPhoneの今

日本ではスマートフォン利用者の約半数がiPhoneを使っています。もう半分はAndroidだという話なのですが、様々なメーカーが存在しており、その使い勝手は統一されていません。

先日、ある友人のAndroid端末を見て「これか」と思いました。そのAndroid端末は3年前のもので、マルウェアに感染していました。一般ユーザーにとってスマートフォンは「ケータイ」なのです。「写メ」は「Instagram」に変わりましたが、そこにインターネットの概念、セキュリティの概念はありません。

筆者は元々、Androidを使っていました。ホーム画面を使いやすいようにカスタマイズできることが最大の魅力でした。しかしそれは、「パソコンの」文脈なのです。一般のユーザーは「LINE」「Twitter」「Instagram」が使えればいいのであって、パソコンの機能は求めていないのです。

その点についてはやはりiPhoneの戦略が優れていると感じます。できることが制限されますが、その恩恵として高いセキュリティが得られます。操作に困っても同じ説明で解決することができます。ユーザーエクスペリエンス。スマートフォンを使う体験を中心にiPhoneは進化してきたのです。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/column/iphone-evolute-10-years/feed/ 0
iOS11がインストールされたiPhoneが約半数に! http://mobagate.net/news/apple/ios11-installed-about-half-iphones/ http://mobagate.net/news/apple/ios11-installed-about-half-iphones/#respond Sat, 14 Oct 2017 12:05:08 +0000 http://mobagate.net/?p=4782 Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
データ解析を行うMixpanelの調査データによると、9月19日(日本時間9月20日)にリリースされたiOS11が、10月10日の時点で47.72%のiOSデバイスにインストールされたことがわかりました。約半数にのぼりますが、iOS10の時よりは遅いようです。

iOS11がiOS10を上回る

iOS比率

これがiPhoneにインストールされているiOS11とiOS10の比率です。12月10日の時点でiOS11がインストールされているiPhoneの台数がiOS10を超えました。iOS10がリリースされた際は、iOS9と並ぶのに2週間だったことを考えると、1週間ほどの遅れをみせています。

インストールが遅れている理由は?

少なくとも日本ではいわゆる「バッテリードレイン」バッテリー消費が大きすぎるという騒ぎとなり、それは今も影響があります。これはMobaGateでも記事にしていますが、一時的なキャッシュの作成とBluetoothがオフになっていないことが原因と言っていいでしょう。

iOS11の最新版は大小のバグが修正された「iOS11.0.3」で、現在確認されている問題は、ホームボタンをダブルタップする「簡易アクセス」の際に通知センターが呼び出せないこと。これはAppleも認めていて、今後修正されると思われます。いつのタイミングかは明らかではありません。

コントロールセンターからBluetoothがオフにできないことから、余分にバッテリーを使用してしまう問題については、「設定」アプリからオフにすれば解消されます。この仕様は現在ベータテスト中のiOS11.1でもそのままである可能性が濃厚になっていますので、バッテリーの問題は手動で解決するしかなさそうです。

簡易アクセス問題が気にならないようであれば、iOS11にアップデートしてもいい時期にはなっていると思われます。セキュリティのアップデートもあるため、iOS10のままにしておくのも推奨できることではありません。10から11へのメジャーアップデートですので、インストールの際はしっかりバックアップをとってください。

Copyright © 2017 MobaGate All Rights Reserved.

]]>
http://mobagate.net/news/apple/ios11-installed-about-half-iphones/feed/ 0