iPhone Xに続け!Androidも「ノッチ」を採用か

Android

iPhone Xに続け!Androidも「ノッチ」を採用か

投稿日: コメント (0)


android_notti
iPhone Xの特徴でもある「ノッチ(切り欠き)」。Bloombergは2月12日(現地時間)、Googleに詳しい人物の話として、Googleが現在開発中とされる次世代Android OSであるAndroid P(Android 9.0)は、この「ノッチ」が採用される模様であること及び複数ディスプレイをネイティブでサポートする予定だと伝えました。

スポンサーリンク

ノッチによってiPhoneからAndroidへの乗り換えを期待

Androidは世界的にスマートフォン市場のローエンド/ミドルエンド帯を多く獲得していますが、Appleはハイエンド帯の多くを獲得しています。そこでGoogleは、多くのiPhoneユーザーをAndroidへの切り替えを促す目的で、ノッチの正式サポートを採用するようです。これにはiPhone Xに似ているスマートフォンを多く出すことによって、移行しやすくさせるという意図があるようです。

複数ディスプレイやGoogleアシスタントの統合も

ノッチ以外にも2画面ディスプレイや折り畳み式ディスプレイへの対応、バッテリー接続時間の延長やGoogleアシスタントのさらなる統合も行うと報じられています。Googleアシスタントに関しては、現在はホームボタンの長押しで起動するようになっていますが、Google検索バーと統合される様子です。また、サードパーティーアプリでGoogleアシスタントが使えるようになるようです。

ノッチデザインが今後の主流となるか

ノッチは端末を小さくしながら液晶を大型化することができるため、非常に魅力的なデザインです。一方、その独特なデザインに難色を示す声もあります。また、アプリもノッチデザインに対応するために改修が必要となることがあるため、iPhone Xですら対応していないアプリが多く存在しています。ノッチデザインが普及するにはまだ時間がかかるように感じられますが、Androidがノッチデザインを採用することで流れが変わるのでしょうか。今後の動向が気になるところです。

出典:Bloomberg

-Android -, , ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

秋場和輝

ウェブプログラマとして働きつつ、ライティングをこなす。IT以外にも発達障害や精神疾患への理解もあり、発達障害についての執筆経験もある。生活するうえでの相棒はカフェイン。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加