激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Android

スーパーマリオランのAndroid版。3月23日に待望のリリース。

投稿日:

既に配信されているiOS版のスーパーマリオラン。当初の期待は大きかったのですが、今のゲーム業界において課金制をとり、期待を下回る結果となりました。しかし、その逆境においても課金ユーザーは増え続け、堅調な売り上げをあげています。そんなスーパーマリオランのAndroid版がリリースが発表されました。

スポンサーリンク

スーパーマリオランのAndroid版リリース

Mario

任天堂の持っているコンテンツの中でもっとも価値があると思われる「スーパーマリオ」。そのマリオがモバイルゲームに進出したという意味でとても話題になったゲームです。そのマリオが満を辞してAndroidの世界に進出します。

ゲーム内容はとてもシンプルで、ステージを走り抜けるマリオのタイミングを見計らって画面をタップ、その得点を競うという内容になっています。

スーパーマリオランの課金

無料版は試用版的なもので、1度課金すれば、ゲームの全レベルをプレイすることが可能になっています。課金額は1,200円で、一時期は「高過ぎる」という声が多数上がりました。しかしそこはさすがにスーパーマリオというべきでしょう。それでも何十億という売り上げがあがっています。

一般的にAndroidユーザーの方がアプリに課金しないと言われています。そこへ有料アプリとも言えるスーパーマリオランの登場、しかもバージョンアップも含まれています。どれくらいの反応があるのか期待したいところです。

実質的に有料アプリのマリオ

筆者の印象としては、スーパーマリオランを実質的に有料アプリにしたのは、任天堂の戦略としては正解だったと考えています。

無料をうたうゲームアプリがほとんどですが、ハマってしまった結果、何万円も払うという流れが今のモバイルゲーム業界。マリオというブランドですから、当然子供が遊ぶことも視野に入れているでしょう。実質有料制の1,200円で全てのコンテンツが遊べるのは良心的と言っていいのではないでしょうか。

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

arrows Be

ドコモの格安プランと話題の「docomo with」対象となるスマホはどんなスマホ?

新料金プラン「docomo with」は対象となるスマホを一括購入すると、月々1,500円の割引となるプランです。対象となるスマホは「arrows Be」と「Galaxy Feel」というミドルクラス …

MAP

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい …

freez

格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

最近人気の格安スマホ、格安SIMとの同時購入が増えています。しかし、格安スマホとなると海外製品がほとんど。そんな中、日本のメーカーがスペックを抑えた格安スマホを発売しました。日本製ならではの安心感で、 …

Jellyのバナー画像

スマートフォンって「大きい」って意味だったっけ?流行へのアンチテーゼスマホ「Jelly」

スマートフォンが普及し始めた頃は、片手操作で何でもできる、そんな製品に魅力を感じました。そして高機能化、高性能化するに連れて、スマホはだんだんと大きくなっていきます。その方が情報量も多く、見やすいから …

おじいちゃん・おばあちゃん世代のソリューション。「らくらくスマートフォン4」の世界。

世の中はスマートフォン全盛期。高齢者にも「スマートフォンを使ってみたい」という要望はあります。しかし、使えなくては意味がない。この「らくらくスマートフォン」はハードウェア設計の段階から使いやすいように …