格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

Android

格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

投稿日:2017年4月25日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

最近人気の格安スマホ、格安SIMとの同時購入が増えています。しかし、格安スマホとなると海外製品がほとんど。そんな中、日本のメーカーがスペックを抑えた格安スマホを発売しました。日本製ならではの安心感で、15,000円。しかも、アップデートで機能も充実します。

スポンサーリンク

「covia FREAZ Que」

freez
安く抑えるためにスペックはかなり抑えられています。プロセッサは1.3Ghzのクアッドコア、メモリは2GB、ROMは16GB。格安SIMはdocomo回線のみの対応となります。

しかし、なんとか安く抑えつつも、他の機能は充実させようという意気込みがあります。まず、ジャイロセンサーを搭載しているので、ARゲームなどに対応。GPSセンサーは「今のところ」使えません。しかし、日本版GPS「みちびき」への対応が予定されています。

一番がんばっている部分は最新OS「Android 7.0」に対応保証、というところではないでしょうか。この金額で最新のAndroidが使えるのは、大きな魅力でしょう。

格安スマホデビューに

全てのユーザーが3DやVRのゲームをしたいわけではなく、電話とメールとSNSができればいいというユーザーも多いと思います。そういう意味で割り切ったこの「covia FREAZ Que」は有望な選択肢でしょう。

海外製の格安スマホには「使う前からマルウェアに感染している」などという危険性が高いと、筆者は感じています。日本製といってもハードウェアの製造は海外だと思われますが、日本設計の格安スマホという安心感はあるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

データ容量を50%カット!軽量版の最新Android OS「Oreo」が登場!

米Googleは、軽量版Android OSである「Android Oreo(Go edition)」の正式版を12月5日 (米国時間)にリリースしました。 スポンサーリンク ローエンドモデルに最適化 …

日本でも年内に発売、HUAWEI Mate 10 Pro の魅力

先月ドイツのベルリンで開催された発表会にて、2017年内に日本での発売が明言されたファーウェイのフラッグシップ端末「HUAWEI Mate 10 Pro」は、スマートフォンとしての機能は勿論の事ながら …

本体の外観

デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

ZTEジャパンはデュアルレンズ搭載の「ZTE Blade V8」を5月25日に発売します。価格は34,800円(税抜)とリーズナブル。デュアルカメラでボケ味のある写真が撮れることはもちろん、リフォーカ …

これからのAndroid

「Project Treble」Androidのアップデートがより簡単に?格安スマホも常に最新になるかも!?

格安スマホに使われているのは、ほとんど全てAndroid OSです。これに各社でカスタマイズがされ使えるようになっています。新しいバージョンのAndoidがリリースされると各社で再度カスタマイズが必要 …

no image

GoogleのAndroidスマホ「Pixel」の発表は年内。ハードウェア戦略について最高責任者が語る。

Google製のAndroidスマホ「Pixel」が昨年10月に発売され品薄状態が続いています。 Appleと直接対決するプレミアム路線のマーケットにリリースされた「Pixel」。その次期モデルについ …