激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Android

ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

投稿日:

NTTドコモが、スマートフォン「Xperia XZ」「V20 Pro」の下り通信速度を、最大500Mbpsに高速化しました。これまでの最高速度は最大375Mbpsでした。これは256QAM変調方式に変更という形で実現されます。

スポンサーリンク

256QAM変調方式とは?

Xperia

出典:engadget

これまでの通信は64QAM変調方式でした。これは1搬送波あたり6bit(64値)の情報しか乗せられませんでした。これに対し256QAM変調方式は、1搬送波あたり8bit(256値)の情報が乗せられます。これで高速化を実現し、最大500Mbpsとなりました。

4G通信の高速化の仕組み

QAM/MIMO

出典:ケータイWatch

1本の電波塔からスマートフォンまでの搬送波には帯域の限界があります。例えると、土管の太さです。この土管の太さは変えられませんので、情報の密度を濃くして高速化を実現したのが、今回の高速化です。時を同じくして実現された4x4MIMOは、この土管を4本同時に使おうというもの。これはまだ最新のスマートフォンでも利用できず、2本同時で使っています。

高速通信が可能になるのは現在の時点で、東京、名古屋、大阪など、東名阪エリアの35都市のみとなります。しかしこれから基地局の改修によりエリアが広がっていくことでしょう。

4G通信の高速化の意味

5G通信の実現が近づいてはいますが、使える電波の周波数は電波法の割り当てで決まり、ほとんど空きがない状況です。以前プラチナバンドという言葉まででき、争奪戦が起きたのもそのためです。5G通信実現後も現在の4G通信は残ることとなります。

今回、4G通信が高速化されたことは、今後も一般の使い方で使う4G通信が高速化された、意味のある進化となります。

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Neo1

好みのスタイルにできるSIMフリースマホ「NuAns Neo[Reloaded]」の【隠れた】ポイント。

トリニティが、昨年発売したWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」のOSをAndroidに変更した「NuAns NEO [Reloaded]」を発表しました。自分の好みの外観にで …

キーボードショートカット

酷評されていた「BlackBerry KeyOne」が意外と良い!?マニアには名機となる予感。

物理キーボードを備えていることが一番の特徴である「BlackBerry」。オバマ前大統領が気に入って使っていたことも記憶に新しいですが、独自OSでの存続が困難になりました。そんな状況でAndroidス …

これからのAndroid

「Project Treble」Androidのアップデートがより簡単に?格安スマホも常に最新になるかも!?

格安スマホに使われているのは、ほとんど全てAndroid OSです。これに各社でカスタマイズがされ使えるようになっています。新しいバージョンのAndoidがリリースされると各社で再度カスタマイズが必要 …

arrows Be

ドコモの格安プランと話題の「docomo with」対象となるスマホはどんなスマホ?

新料金プラン「docomo with」は対象となるスマホを一括購入すると、月々1,500円の割引となるプランです。対象となるスマホは「arrows Be」と「Galaxy Feel」というミドルクラス …

Android

手に入れたら感染済み!?買った時点でマルウェアに感染しているAndroidスマホが多数見つかる。

Androidスマホは自分好みにカスタマイズができるところが魅力のひとつです。iPhoneにはほとんどカスタマイズの余地がありません。一方で、Androidスマホはマルウェアからの感染から身を守ること …