ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

Android

ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

投稿日:

NTTドコモが、スマートフォン「Xperia XZ」「V20 Pro」の下り通信速度を、最大500Mbpsに高速化しました。これまでの最高速度は最大375Mbpsでした。これは256QAM変調方式に変更という形で実現されます。

スポンサーリンク

256QAM変調方式とは?

Xperia

出典:engadget

これまでの通信は64QAM変調方式でした。これは1搬送波あたり6bit(64値)の情報しか乗せられませんでした。これに対し256QAM変調方式は、1搬送波あたり8bit(256値)の情報が乗せられます。これで高速化を実現し、最大500Mbpsとなりました。

4G通信の高速化の仕組み

QAM/MIMO

出典:ケータイWatch

1本の電波塔からスマートフォンまでの搬送波には帯域の限界があります。例えると、土管の太さです。この土管の太さは変えられませんので、情報の密度を濃くして高速化を実現したのが、今回の高速化です。時を同じくして実現された4x4MIMOは、この土管を4本同時に使おうというもの。これはまだ最新のスマートフォンでも利用できず、2本同時で使っています。

高速通信が可能になるのは現在の時点で、東京、名古屋、大阪など、東名阪エリアの35都市のみとなります。しかしこれから基地局の改修によりエリアが広がっていくことでしょう。

4G通信の高速化の意味

5G通信の実現が近づいてはいますが、使える電波の周波数は電波法の割り当てで決まり、ほとんど空きがない状況です。以前プラチナバンドという言葉まででき、争奪戦が起きたのもそのためです。5G通信実現後も現在の4G通信は残ることとなります。

今回、4G通信が高速化されたことは、今後も一般の使い方で使う4G通信が高速化された、意味のある進化となります。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これからのAndroid

「Project Treble」Androidのアップデートがより簡単に?格安スマホも常に最新になるかも!?

格安スマホに使われているのは、ほとんど全てAndroid OSです。これに各社でカスタマイズがされ使えるようになっています。新しいバージョンのAndoidがリリースされると各社で再度カスタマイズが必要 …

Eccectial本体

「Android生みの親」が送り出したスマートフォン「Essectial」の何が「違う」のか。

本日、Android社の創業者であるアンディ・ルービン氏が、以前より予告していたSIMフリースマートフォン「Essential」を発表しました。各メディアでそのような記事がありますが、このスマートフォ …

DeX Station

Samsung「Galaxy S8」が発表される。本体もすごいが「DeX Station」に期待!!

Galaxy S8が正式に発表となりました。ベゼルレスで表面が全て画面でできているという初めてのスマートフォンで注目が集まっています。スペックも大幅に進化。しかし、ここで注目したいのはSamsung独 …

おじいちゃん・おばあちゃん世代のソリューション。「らくらくスマートフォン4」の世界。

世の中はスマートフォン全盛期。高齢者にも「スマートフォンを使ってみたい」という要望はあります。しかし、使えなくては意味がない。この「らくらくスマートフォン」はハードウェア設計の段階から使いやすいように …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …