激変するモバイル業界をキャッチアップ

Android

Galaxy Note7発火事故を受け、Samsungが返却されていない端末を強制停止させる予定。

投稿日:

Samsungのスマートフォン「Galaxy Note7」は設計上の問題から発火する事故が大量に発生しました。現在、リコールがされていますが、残り4%が未だに回収できていません。この端末に対して強制停止させるアップデートを実行する予定であることがわかりました。

スポンサーリンク

Galaxy Note7の回収状況

galaxy

出典:Korea Herald

度重なる発火事故を受け、アメリカの空港では機内への持ち込みが禁止されています。Samsungは空港にも回収所を設置し、回収につとめています。しかし、一部には「自分のものはちゃんと動いているから大丈夫だ」と回収に応じないユーザーがいるようです。

発火すると自分のみならず周りにも危険なため、Samsungはリコールに応じないユーザーに向けて、Galaxy Note7を使えなくするアップデートを実行することにしました。このアップデートは3月中に実行される予定です。

スマートフォンはなぜ発火するのか

Galaxy Noteに限らず、スマートフォンやノートパソコンにも発火の危険性は常に存在します。それは使われているバッテリーがリチウムイオン電池であるからです。このリチウムは空気に触れると発火する性質があります。

そのため細心の注意を払って強固にガードするように設計されます。Galaxy Noteではその設計にミスがあったためにこのような事態になりました。リチウムイオン電池を使っている限り、同じような危険性は常に存在します。

新しいバッテリーの開発

リチウムイオン電池は、充電の密度が高く、メモリー効果がほとんどない(継ぎ足し充電をしても容量に変化はない)という特性があり、広く使われています。しかし、その危険性も認識されており新しいバッテリーの開発はされています。

先日も新しい素材を使った安全なバッテリーの発表がありましたが、このようなバッテリーは量産されて初めて、利用できる範囲の金額に下がっていきます。もうしばらくは、リチウムイオン電池を使い続けることになります。もしバッテリーが膨らんできたり、亀裂が発生したなどの変化があればすぐに修理する必要があるでしょう。

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

freez

格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

最近人気の格安スマホ、格安SIMとの同時購入が増えています。しかし、格安スマホとなると海外製品がほとんど。そんな中、日本のメーカーがスペックを抑えた格安スマホを発売しました。日本製ならではの安心感で、 …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

moto-g5

老舗ブランド「モトローラ」からミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」発売。

モバイル業界の老舗モトローラ。SIMフリー端末でGoogleの「Nexus 6」を開発する一方、「Moto Z」ではMoto Modsと呼ばれるモジュール追加型スマートフォンを発売するなど、独自の路線 …

MAP

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい …

Mario

スーパーマリオランのAndroid版。3月23日に待望のリリース。

既に配信されているiOS版のスーパーマリオラン。当初の期待は大きかったのですが、今のゲーム業界において課金制をとり、期待を下回る結果となりました。しかし、その逆境においても課金ユーザーは増え続け、堅調 …