激変するモバイル業界をキャッチアップ

Android

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

投稿日:

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい停めているのかがわかるようになります。

スポンサーリンク

新機能の概要

MAP

出典:TechCrunch

Google Nowには既にこの機能がありましたが、間違ってタクシーを降りた時などにも記録されてしまうことがありました。これを手動で設定できるようになり、より正確に把握できるようになります。メモの機能もあるため、立体駐車場の階数や駐車番号なども記録できます。

一番のポイントが「駐車場を離れていられる時間」を設定できること。ユーザーが「2時間」などと設定した場合、マップには残り時間が表示されます。設定した時間を過ぎると、プッシュ通知がなされます。

正式なリリースの発表はまだ

これはArs Technicaが発見したもので、Googleからの正式なアナウンスはまだありません。これはまだiOS版のGoogleマップに搭載されていないこと、あるいは日本語版にはまだ搭載されていない理由からかもしれません。

日本でのリリースもそう遠くない

このような機能はiOS版のマップアプリにも搭載されていますが、それはCarPlayや車載Bluetoothと接続が切れた時に設定できるもので、手動で設定できるGoogleマップの方が便利だと思われます。英語版のGoogleマップに追加された機能は、基本的に日本語版にも追加されるため正式リリースされれば、日本でも使えるようになると思われます。

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] 先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加されました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

galaxy

Galaxy Note7発火事故を受け、Samsungが返却されていない端末を強制停止させる予定。

Samsungのスマートフォン「Galaxy Note7」は設計上の問題から発火する事故が大量に発生しました。現在、リコールがされていますが、残り4%が未だに回収できていません。この端末に対して強制停 …

moto-g5

老舗ブランド「モトローラ」からミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」発売。

モバイル業界の老舗モトローラ。SIMフリー端末でGoogleの「Nexus 6」を開発する一方、「Moto Z」ではMoto Modsと呼ばれるモジュール追加型スマートフォンを発売するなど、独自の路線 …

おじいちゃん・おばあちゃん世代のソリューション。「らくらくスマートフォン4」の世界。

世の中はスマートフォン全盛期。高齢者にも「スマートフォンを使ってみたい」という要望はあります。しかし、使えなくては意味がない。この「らくらくスマートフォン」はハードウェア設計の段階から使いやすいように …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

MotoMods

モトローラが4つの新しい「Moto Mods」製品を拡充することを発表。「Moto Mods」とは?

「Moto Mods」とはスマートフォンに欲しい機能だけモジュールとして追加するというコンセプトで開発された製品です。かなり前から開発されていましたが、難航していました。今では日本でも発売されていて、 …