激変するモバイル業界をキャッチアップ

Android

老舗ブランド「モトローラ」からミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」発売。

投稿日:

モバイル業界の老舗モトローラ。SIMフリー端末でGoogleの「Nexus 6」を開発する一方、「Moto Z」ではMoto Modsと呼ばれるモジュール追加型スマートフォンを発売するなど、独自の路線を持ったブランドになっています。今回、ミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」が発売されました。

スポンサーリンク

「Moto G5 Plus」のスペック

moto-g5

チップセットは「Snapdragon 625」最大2.0Ghzのオクタコア。ミドルレンジ用のチップセットになっています。RAMは4GBと十分な量を備え、ROMは32GBとなっています。バッテリーは3000mAhのものを内蔵していて、TurboPowerによる急速充電に対応。15分の充電で6時間の駆動をうたっています。

前モデルのMoto G4 Plusは他者に先駆けてDSDS「デュアルSIM/デュアルスタンバイ」に対応したことで人気となりましたが、G5 Plusも同様にDSDS対応。他者の製品にありがちな「デュアルSIMにするとSDカードが使えない」ことがなく、3枚同時に使えます。

「ワンボタンナビ」が面白い

senser

新機能として搭載された機能が「ワンボタンナビ」。出荷時にはAndroid7.0がインストールされていて、「戻る」「ホーム」「タスク」が画面に表示されています。これで「ワンボタンナビ」を設定するとこの表示がなくなります。

ではどうするのか。ホームボタンの指紋センサーを使います。横長になっているセンサーを左にスワイプすると「戻る」、タップすると「ホーム」、右へスワイプすると「タスク」となります。これで画面が広く使えるアイデアとして面白い機能です。他のアクションにも設定変更が可能です。

「ピュアAndroid 7.0」

発表会では「ピュアAndroid 7.0」とうたわれいて、Android標準のインターフェイスに独自機能を追加した形になっています。他社が独自性を出すためにカスタマイズし、Android自体のアップデートが遅れるのに対し、この姿勢は好印象を受けます。

価格は直販で「38,664円」。この金額でDSDS対応、ミッドレンジとしてしっかりとした性能を備えている。コンセプトがはっきりとしていて、使いやすいスマートフォンと言えるのではないでしょうか。

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おじいちゃん・おばあちゃん世代のソリューション。「らくらくスマートフォン4」の世界。

世の中はスマートフォン全盛期。高齢者にも「スマートフォンを使ってみたい」という要望はあります。しかし、使えなくては意味がない。この「らくらくスマートフォン」はハードウェア設計の段階から使いやすいように …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

galaxy

Galaxy Note7発火事故を受け、Samsungが返却されていない端末を強制停止させる予定。

Samsungのスマートフォン「Galaxy Note7」は設計上の問題から発火する事故が大量に発生しました。現在、リコールがされていますが、残り4%が未だに回収できていません。この端末に対して強制停 …

Xperia

ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

NTTドコモが、スマートフォン「Xperia XZ」「V20 Pro」の下り通信速度を、最大500Mbpsに高速化しました。これまでの最高速度は最大375Mbpsでした。これは256QAM変調方式に変 …

no image

GoogleのAndroidスマホ「Pixel」の発表は年内。ハードウェア戦略について最高責任者が語る。

Google製のAndroidスマホ「Pixel」が昨年10月に発売され品薄状態が続いています。 Appleと直接対決するプレミアム路線のマーケットにリリースされた「Pixel」。その次期モデルについ …