激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Android

老舗ブランド「モトローラ」からミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」発売。

投稿日:

モバイル業界の老舗モトローラ。SIMフリー端末でGoogleの「Nexus 6」を開発する一方、「Moto Z」ではMoto Modsと呼ばれるモジュール追加型スマートフォンを発売するなど、独自の路線を持ったブランドになっています。今回、ミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」が発売されました。

スポンサーリンク

「Moto G5 Plus」のスペック

moto-g5

チップセットは「Snapdragon 625」最大2.0Ghzのオクタコア。ミドルレンジ用のチップセットになっています。RAMは4GBと十分な量を備え、ROMは32GBとなっています。バッテリーは3000mAhのものを内蔵していて、TurboPowerによる急速充電に対応。15分の充電で6時間の駆動をうたっています。

前モデルのMoto G4 Plusは他者に先駆けてDSDS「デュアルSIM/デュアルスタンバイ」に対応したことで人気となりましたが、G5 Plusも同様にDSDS対応。他者の製品にありがちな「デュアルSIMにするとSDカードが使えない」ことがなく、3枚同時に使えます。

「ワンボタンナビ」が面白い

senser

新機能として搭載された機能が「ワンボタンナビ」。出荷時にはAndroid7.0がインストールされていて、「戻る」「ホーム」「タスク」が画面に表示されています。これで「ワンボタンナビ」を設定するとこの表示がなくなります。

ではどうするのか。ホームボタンの指紋センサーを使います。横長になっているセンサーを左にスワイプすると「戻る」、タップすると「ホーム」、右へスワイプすると「タスク」となります。これで画面が広く使えるアイデアとして面白い機能です。他のアクションにも設定変更が可能です。

「ピュアAndroid 7.0」

発表会では「ピュアAndroid 7.0」とうたわれいて、Android標準のインターフェイスに独自機能を追加した形になっています。他社が独自性を出すためにカスタマイズし、Android自体のアップデートが遅れるのに対し、この姿勢は好印象を受けます。

価格は直販で「38,664円」。この金額でDSDS対応、ミッドレンジとしてしっかりとした性能を備えている。コンセプトがはっきりとしていて、使いやすいスマートフォンと言えるのではないでしょうか。

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GoogleのAndroidスマホ「Pixel」の発表は年内。ハードウェア戦略について最高責任者が語る。

Google製のAndroidスマホ「Pixel」が昨年10月に発売され品薄状態が続いています。 Appleと直接対決するプレミアム路線のマーケットにリリースされた「Pixel」。その次期モデルについ …

arrows Be

ドコモの格安プランと話題の「docomo with」対象となるスマホはどんなスマホ?

新料金プラン「docomo with」は対象となるスマホを一括購入すると、月々1,500円の割引となるプランです。対象となるスマホは「arrows Be」と「Galaxy Feel」というミドルクラス …

Android

手に入れたら感染済み!?買った時点でマルウェアに感染しているAndroidスマホが多数見つかる。

Androidスマホは自分好みにカスタマイズができるところが魅力のひとつです。iPhoneにはほとんどカスタマイズの余地がありません。一方で、Androidスマホはマルウェアからの感染から身を守ること …

Gear

Samsungの新「Gear VR」発表。コントローラー追加で新たな体験が可能に。

Samsungの新製品発表で新しい「Gear VR」が発表されました。スペックに大きな変更はないものの、専用コントローラーが付属しており、Gear VRユーザーにとっては望んでいた機能追加となります。 …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …