激変するモバイル業界をキャッチアップ

Android

Samsungの新「Gear VR」発表。コントローラー追加で新たな体験が可能に。

投稿日:

Samsungの新製品発表で新しい「Gear VR」が発表されました。スペックに大きな変更はないものの、専用コントローラーが付属しており、Gear VRユーザーにとっては望んでいた機能追加となります。

スポンサーリンク

「Gear VR」とはどのような製品なのか

Gear

出典:Samsung公式サイト

「Gear VR」の外観はこのようになっており、よくあるVRゴーグルと同じ形です。VRの先駆けとなった「Oculus Rift」がパソコンもしくはゲーム機が必要となるのに対し、Gear VRはSamsungのスマートフォンGalaxyシリースを前面に取り付けるだけで動作します。
Gear2

出典:Samsung公式サイト

取り付け用のコネクタに接続すると、専用アプリがダウンロードされます。準備はこれだけ、あとは「70以上」と発表されているVRコンテンツを楽しめます。気になる価格は129ドルとなっています。

コントローラーで新たな体験を

今回は同時にタッチパッドとトリガーが付いたコントローラーが発表されました。このコントローラーは片手で持つもので、モーショントラッキング機能があります。親指用のタッチパッド、人差し指用トリガー、「ホーム」「戻る」、そしてボリューム調整ボタンで構成されています。単体での販売も予定されており、価格は39ドルです。

このコントローラーを使うには、対応したコンテンツが必要で、Oculus Storeから入手することができます。Oculusによると、4月までに20タイトルが追加される予定となっています。

VR元年の翌年

2016年は「VR元年」と呼ばれました。VRゴーグルが各社から登場し、大きな話題となった年。今年はその次の年ということで、コンテンツに注目されるでしょう。まだVRゴーグルを体験したことのないユーザーが多いと思われます。今後、VRならではのキラーコンテンツが出てくることを期待しましょう。

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Xperia

ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

NTTドコモが、スマートフォン「Xperia XZ」「V20 Pro」の下り通信速度を、最大500Mbpsに高速化しました。これまでの最高速度は最大375Mbpsでした。これは256QAM変調方式に変 …

おじいちゃん・おばあちゃん世代のソリューション。「らくらくスマートフォン4」の世界。

世の中はスマートフォン全盛期。高齢者にも「スマートフォンを使ってみたい」という要望はあります。しかし、使えなくては意味がない。この「らくらくスマートフォン」はハードウェア設計の段階から使いやすいように …

MAP

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい …

Mario

スーパーマリオランのAndroid版。3月23日に待望のリリース。

既に配信されているiOS版のスーパーマリオラン。当初の期待は大きかったのですが、今のゲーム業界において課金制をとり、期待を下回る結果となりました。しかし、その逆境においても課金ユーザーは増え続け、堅調 …

no image

GoogleのAndroidスマホ「Pixel」の発表は年内。ハードウェア戦略について最高責任者が語る。

Google製のAndroidスマホ「Pixel」が昨年10月に発売され品薄状態が続いています。 Appleと直接対決するプレミアム路線のマーケットにリリースされた「Pixel」。その次期モデルについ …