激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Android

Androidに感染する広告ウィルス。一度インストールしてしまうと削除できない…!

投稿日:

Android端末は通常、Google Playからアプリをインストールします。しかし、その中にもウィルスが紛れ込んでいることがわかりました。今回のものは「広告ウィルス」。インストールしてしまうとホーム画面に広告が出続けます。しかも、削除しようにもできない悪質なものでした。

スポンサーリンク

広告ウィルスを削除しても…

これはイギリスの研究機関「SophosLabs」が調査して報告されました。Google Play上に存在する少なくとも47のアプリが、「アドウェアライブラリー」に関連づけられていることがわかりました。アドウェアとは広告を表示し続けるウィルスのこと。
Snap Pic Collage

例えば、このアプリは「Snap Pic Collage Color Splash」というアプリで一見すると普通の写真加工アプリに見えます。これをインストールしてしまうと、ロック画面に次のような広告が表示され消えなくなります。

アドウェアの広告

今回発見されたアドウェアの悪質な点は、このアプリをアンインストールしても、ファイルをコピーすることによって、広告が消えない状態は改善されない点にあります。このアプリは5万回以上ダウンロードされていて、インストールしてしまったユーザーからはレビューで注意喚起がされています。

Android端末でのウィルス対策

iPhone以外のスマートフォンは、ほぼAndroid端末になっています。この場合、Google Play以外にある、信用できないアプリはインストールしないことが鉄則です。しかし、今回のようにGoogle Play内にも混入していることがあります。

対策としては、アプリをインストールする際に、不要な権限を与えないように注意すること。GPSの位置情報はアプリに必要ないはずなのに権限が求められている、そういうことに気をつける必要があります。

今回の広告ウィルスについては、SophosLabsが提供しているアンチウィルスアプリによって対処ができるようです。その他の有名なウィルス対策アプリ会社も今後対応してくるでしょう。信用できないアプリをインストールしないように気をつけ、必要であればウィルス対策アプリの導入も検討したいところです。

参考URL:SophosLabs

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

android-o

開発者プレビュー開始されている次期Android OS「Android O」の新機能を解説!

GoogleのスマートフォンOS「Android」。その次期バージョンの開発者向けバージョンがリリースされています。コードネームは「Android O」。新機能がたくさん追加されていますが、その中でも …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

Mario

スーパーマリオランのAndroid版。3月23日に待望のリリース。

既に配信されているiOS版のスーパーマリオラン。当初の期待は大きかったのですが、今のゲーム業界において課金制をとり、期待を下回る結果となりました。しかし、その逆境においても課金ユーザーは増え続け、堅調 …

freez

格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

最近人気の格安スマホ、格安SIMとの同時購入が増えています。しかし、格安スマホとなると海外製品がほとんど。そんな中、日本のメーカーがスペックを抑えた格安スマホを発売しました。日本製ならではの安心感で、 …

Gear

Samsungの新「Gear VR」発表。コントローラー追加で新たな体験が可能に。

Samsungの新製品発表で新しい「Gear VR」が発表されました。スペックに大きな変更はないものの、専用コントローラーが付属しており、Gear VRユーザーにとっては望んでいた機能追加となります。 …