激変するモバイル業界をキャッチアップ

Android

ライブ配信に狙いを絞ったスマホ「ZenFone Live」リアルタイムで美顔エフェクト!

投稿日:

ASUSが今年2月に発表した「ZenFone Live」が3月17日より発売されることになりました。ZenFone Liveは自撮りのライブ配信が増えていることを受け、自撮りに狙いを絞ってフロントカメラを強化し、専用のライブ配信アプリを導入するという意欲的なスマートフォンになっています。

スポンサーリンク

フロントカメラとその他のスペック

ZenFone

出典:Engadget

フロントカメラの画素数は500万画素となっていますが、1画素のサイズが1.4μmと大きく、他のスマートフォンのリアカメラと同等の大きさとなっています。これにより1画素が多くの光を受けられるようになり、室内などでの自撮りに力を発揮するでしょう。

ディスプレイは5.0インチ(1280×720)、クアッドコアのSnapdragon、メモリ 2GB、ストレージ16GB、リアカメラ1300万画素。スペックとしてはエントリーモデルと同程度となっており、性能にこだわると不満がある仕様です。

リアルタイム美顔エフェクト

出典:Engadget

最大の魅力と言えるのが、独自アプリ「BeautyLive」でしょう。ライブ配信中にリアルタイムに美顔エフェクトをかけてくれます。また前面にもLEDライトを装備してより美肌にみせることができます。2つのMEMSマイクによりバックグラウンドのノイズを除去する機能も備えており、これ以上ないくらい自撮りライブストリーミング配信に力を入れています。

日本での販売については未定ですが、現地の日本向けショップでは24,900円で販売されている模様です。

個性的なスマートフォンの増加

ここ最近、主にカメラにおいて個性的なスマートフォンが増えている印象を受けます。今回のライブ配信特化もその例ですが、ダブルレンズでボカす機能や、ダブルレンズで画角を変更できるものなど。Android端末同士での競争となりますので、ソフトウェアのカスタマイズでは差別化しにくい、よってハードウェアの独自性で競争する流れになっているのでしょう。

参考URL:Engadget

-Android
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

freez

格安スマホが欲しいけど…日本製がいい…。安さを追求した日本製スマホ「covia FREAZ Que」

最近人気の格安スマホ、格安SIMとの同時購入が増えています。しかし、格安スマホとなると海外製品がほとんど。そんな中、日本のメーカーがスペックを抑えた格安スマホを発売しました。日本製ならではの安心感で、 …

moto-g5

老舗ブランド「モトローラ」からミドルハイクラスの「Moto G5 Plus」発売。

モバイル業界の老舗モトローラ。SIMフリー端末でGoogleの「Nexus 6」を開発する一方、「Moto Z」ではMoto Modsと呼ばれるモジュール追加型スマートフォンを発売するなど、独自の路線 …

Gear

Samsungの新「Gear VR」発表。コントローラー追加で新たな体験が可能に。

Samsungの新製品発表で新しい「Gear VR」が発表されました。スペックに大きな変更はないものの、専用コントローラーが付属しており、Gear VRユーザーにとっては望んでいた機能追加となります。 …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

galaxy

Galaxy Note7発火事故を受け、Samsungが返却されていない端末を強制停止させる予定。

Samsungのスマートフォン「Galaxy Note7」は設計上の問題から発火する事故が大量に発生しました。現在、リコールがされていますが、残り4%が未だに回収できていません。この端末に対して強制停 …