これこそ世界に必要だ!2画面スマホ「Axon M」

Android

これこそ世界に必要だ!2画面スマホ「Axon M」

投稿日: コメント (0)


ZTEは2画面スマホ「Axon M」を発表しました。折りたたむことができるようになっており、大画面6.75インチのスマートフォンとしても、2画面のマルチタスクとしても使えます。そうです。世界にはこういう端末こそ必要なのです。

スポンサーリンク

2画面をお好きにお使いください

細かいことは後に回すとして、問題は「2画面をどう使うか」です。ここに本質があるからです。

まずはアプリを起動してみましょう。この一覧性。フリップの必要性を感じませんね。

ホーム画面

地図を大きくしてみましょう。みやすいです。しかし、何か足りない気がします。

Google Map

裏側のヒンジがつながっているので、このように立てることができます。同じ画面を違う画面で二人で観る。これはいい線をいっているかもしれません。

縦置きの様子

これは!!この状態で机に置けば、二人一緒にいながら違う映画が観れます。喧嘩になりません。

動画同時再生

素直にいいな。と感じたのはこの文字入力方法。スマホですとどうしても小さなキーボードになります。日本語にはフリップ入力がありますが、英語にはありません。大きなキーボードは打ちやすいでしょう。ちょっとしたコーディングも…できるかもしれません。

キーボード入力

真剣にスペックをお伝えします

この製品にかける情熱に思わず記事の構成がおかしくなってしまいました。左右のディスプレイはそれぞれ別のアプリを動かせるデュアルモード、一枚の大画面として使うエクステンデッドモード、同じ画面を表示するミラーモード、片方だけ使うシングルモードがあります。

ディスプレイ単体でみると、5.2インチの1920 x 1080の液晶ディスプレイが2枚つながっている形になります。プロセッサは高スペックのSnapdragon 821、4GB RAM、64GBのストレージとなっています。

1枚のディスプレイとして使う場合には6.75インチの2160 x 1920のディスプレイとなり、18:16という他にはない比率となります。このためZTEは最も多く使われるアプリ100本のうち80本を最適化したという気合いの入れ方です。

Google Mapはもちろん、Chrome、Youtube、Google Docs、Twitterなど多くのアプリは問題なく使えるようになっています。

今一度、どう使うのか

Android7.0標準のマルチタスクアプリであれば、そのままで利用可能です。2つのスマホを使って作業をしている人にも向いていますが、そんな人がいるのだろうかと思ったら、筆者自身でした。今、1台のスマホでゲームをしつつ、もう1台のスマホでLINEをしていたりします。

そんな奇特な方でなくとも、このガジェット好きをくすぐる2画面スマートフォン。検討に値するのではないでしょうか。

参考URL:
engadget.com
techradar.com

-Android -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加