激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Android

デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

投稿日:

ZTEジャパンはデュアルレンズ搭載の「ZTE Blade V8」を5月25日に発売します。価格は34,800円(税抜)とリーズナブル。デュアルカメラでボケ味のある写真が撮れることはもちろん、リフォーカス機能もあります。また全面カメラも13Mピクセルとカメラ重視のスペックになっています。

スポンサーリンク

充実の基本スペック

本体の外観

スペックは5.2インチフルHDディスプレイ、プロセッサはSnapdragon435(1.4Ghz)オクタコアと3GB RAM、32GBストレージ。性能としてはミドルレンジのスマートフォンになります。しかし、指紋認証、デュアルSIMのDSDSにAndroid7.0と最新の機能に抜かりはありません。

フロントカメラモデル

フロントカメラはメインカメラと同じ12Mピクセルのカメラを搭載し、自撮りが流行している今に合わせた機能になっています。インスタグラムやSNOWなど、自撮りがメインとなる使い方でもその性能を発揮します。

12Mピクセル+2Mピクセルのデュアルレンズカメラ

リフォーカス機能サンプル

この価格帯ではたいへん珍しくデュアルレンズカメラを搭載していることが最大のウリでしょう。背景がボケた一眼レフのような写真が撮れます。また「リフォーカス」機能を搭載しており、撮影後のピント位置やボケ効果を調整することができます。3D写真の撮影ができるところも面白いかもしれません。

現代の流行をふんだんに取り入れた格安スマホ

これまでデュアルレンズカメラといえば、最新のハイスペックスマホにしか搭載されてきませんでした。それをミドルレンジの格安スマホに入るレベルの価格帯で出してきたことには大きなインパクトがあるでしょう。

今、流行している自撮りや写真でのコミュニケーションに焦点を合わせ、スペックは抑えめにする。バランスのとれた格安スマホと言えるのではないでしょうか。指紋認証やDSDSなど、求められる機能にも積極的に対応しているところも評価できます。

参考URL:ZTE公式サイト

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

arrows Be

ドコモの格安プランと話題の「docomo with」対象となるスマホはどんなスマホ?

新料金プラン「docomo with」は対象となるスマホを一括購入すると、月々1,500円の割引となるプランです。対象となるスマホは「arrows Be」と「Galaxy Feel」というミドルクラス …

Jellyのバナー画像

スマートフォンって「大きい」って意味だったっけ?流行へのアンチテーゼスマホ「Jelly」

スマートフォンが普及し始めた頃は、片手操作で何でもできる、そんな製品に魅力を感じました。そして高機能化、高性能化するに連れて、スマホはだんだんと大きくなっていきます。その方が情報量も多く、見やすいから …

galaxy

Galaxy Note7発火事故を受け、Samsungが返却されていない端末を強制停止させる予定。

Samsungのスマートフォン「Galaxy Note7」は設計上の問題から発火する事故が大量に発生しました。現在、リコールがされていますが、残り4%が未だに回収できていません。この端末に対して強制停 …

キーボードショートカット

酷評されていた「BlackBerry KeyOne」が意外と良い!?マニアには名機となる予感。

物理キーボードを備えていることが一番の特徴である「BlackBerry」。オバマ前大統領が気に入って使っていたことも記憶に新しいですが、独自OSでの存続が困難になりました。そんな状況でAndroidス …

全面ディスプレイ画像

今、「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を買うと、Gear VRがもらえるキャンペーン実施中!

全面がほぼディスプレイという新しさで話題となっているサムソンの「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」。2017年6月8日からの販売と決定されました。それに伴い、5月24日から6月7日までの間 …