Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

投稿日:

botとは機械的にツイートするアカウントの総称ですが、Twitterにはいろいろなbotが存在します。日本のものだと名言系botや芸能人botなどがみられます。そんなbotがTwitterのアカウントに占める割合は、かなり多いものだという研究結果が発表されました。

スポンサーリンク

botの占める割合

bot

出典:GIGAZINE

南カリフォルニア大学とインディアナ大学の合同研究チームで、Twitterから公開されているデータや、ツイート回数、感情表現、アクティブな時間帯などのメタデータを用いて集計されました。

Twitterの月間アクティブユーザーは4億3,900万アカウントになりますが、その9%~15%がbotということが判明しました。これをアカウント数にすると290万~480万アカウントとなります。規模としてはアメリカ・カリフォルニア州全体の人口に匹敵するとのことです。

これは悪い現状なのか

botは無害なものもありますが、偽のニュースを流すなど悪質なbotもあります。防災情報を発信しているbotもあるため必ずしも悪いことではありません。

しかし別の問題が指摘されています。広告収入で成り立っているTwitterにとって、多くのアカウントがbotであると、広告の信頼性に影響してきます。人間がみることで広告として効果があるのですから、botが多くては効果が減少します。また広告のターゲティングにも影響を与えかねません。

botに関するTwitterの対応は?

先に書いたようにbotには役立つものもあります。悪影響を与えるbotには困りますが、そのようなbotが増えているという状況ではないと思われます。Twitterでは迷惑なアカウントの検出や規制を強化しているため、これから悪質なbotが増えることは考えにくいでしょう。一方で世界的にみるとTwitterの業績は思ったほどよくないのが現状です。広告効果のために何か対策を打つ可能性はあるでしょう。

この論文は以下のURLで公開されています。
(PDF)Online Human-Bot Interactions: Detection, Estimation, and Characterization

参考URL:GIGAZINE

-App
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出品画面

メルカリが本やCDなどに特化したアプリ「カウル」をリリース。「ブクマ!」に対抗!?

メルカリのグループ会社ソウゾウは、本やCD、DVDなどの売買に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のiOS版をリリースしました。2016年8月から提供されている本の売買専門アプリ「ブクマ!」を追従 …

003

iPhoneのInstagramに「コレクション」機能が追加。気になる投稿を保存できるように。

Instagramに「コレクション」機能が追加されました。2016年の12月からフォローしているユーザーの投稿の保存はできるようになっていましたが、それをコレクション機能として分類して保存しておくこと …

独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

Spotifyは新しいスタイルの2次元バーコード「Spotifyコード」を運用開始しました。これを他のユーザーに送信したり、紙などへ印刷することで、アーティストの紹介が簡単にできます。少し使い方をみて …

LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

ユーザーが製作したLINEスタンプを販売できる「LINE Creators Market」が公開されてから5月8日で3年となりました。LINEはこの3年間の利用および販売実績を発表。LINEスタンプを …

clips2

iPhoneにしゃべるだけで字幕がつけられるアプリ「Clips」、スタンプも簡単に貼れる!

AppleはiPhoneで動画をみながらしゃべるだけで字幕を追加できるアプリ「Clips」を発表しました。字幕だけでなくスタンプや、その他のエフェクトも簡単操作で追加できるアプリになっています。4月上 …