Photoshop for iPadイメージ

フルバージョンの「Photoshop」がiPadに来る!Adobeから2019年に!

Adobeは米Bloombergの取材に対し、2019年にはiPadに「フルバージョンのPhotoshop」を提供すると答えました。これは10月に開催される「MAXクリエイティブカンファレンス」でプレビュー版が披露されるとのことです。

スポンサーリンク

「フルバージョンのPhotoshop」がiPadに提供される!

AdobeはすでにiPhoneやiPadに対して、「Photoshop Mix」や「Photoshop Express」などを提供しています。しかしこれはPhotoshopの一部機能を切り出したり、デスクトップ版Photoshopの補完作業をするアプリであり、「Photoshop」と呼ぶには非常に機能が限定されたものです。

「iPad Pro」が発表されたとき、そのグラフィック性能の高さをアピールするために使われたアプリは「Affinity Photo」でした。プレゼンテーションの中で、Photoshopと同等と言える編集作業のデモが披露されています。

iPadの性能が「フルバージョンのPhotoshop」を動作させるのに充分な性能を持ったとAdobeは判断したようです。Adobeの「Creative Cloud」の責任者Scott Belsky氏は「私はこれら(Creative Cloudの製品)をできるだけ早く市場に投入したい」とコメントしています。

「Photoshop CC」の一部としての「Photoshop for iPad」

同じ「Creative Cloud」の製品の中に「Lightroom CC」があります。これはすでにiPhoneやiPadでも使えるようになっており、月額980円でデスクトップバージョンに加えてiOSバージョンも使えます。「Photoshop for iPad」もこのように「Photpshop CC」の一部として提供されるとみられます。

Adobeは「Photoshop CC」を980円のフォトプランとして提供している他、「Photoshop CC」単体にフォントライブラリーが付属したデザイナー向けプランを2,180円で提供しています。

Microsoft「Surface Pro」と「iPad Pro」

筆者は一時期、タブレットでPhotoshop CCを使いたいという理由でMicrosoftの「Surface Pro」を購入したことがあります。Photoshopでの編集をタブレットで、そしてSurfaceペンを使ってどこでも行えるのは確かに利便性があり、「Surface Pro」の大きな優位性と言えました。

一方のiPadはiOSで動作し、macOSと比べて限定的な動作をします。そのため販売台数が落ち込んだ時期があります。しかし「iPad Pro」の発売によってイラスト分野での需要が伸びるなど、販売台数は元に戻っています。そして、ここにPhotoshopが加われば「iPad」はよりクリエイティブなタブレットとして受け入れられることでしょう。

参考URL:MacRumors

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー