一年使ってみた今「Apple Music」と「Spotify」のどちらがいいのか?

App

一年使ってみた今「Apple Music」と「Spotify」のどちらがいいのか?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Spotifyが日本に上陸して1年と少し経ちました。さて、現状になってみて「Apple Music」と「Spotify」のどちらがいいのか。筆者が両方の課金プランを行き来しながら使ってきたところをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

Apple Musicはダサい……

Apple Music

いきなり結論めいたことを書いてしまいましたが、Apple MusicはSpotifyに比べてかなり「ダサい」印象です。使い方として、Spotifyはプレイリストに力を入れていて、新しい音楽シーンを聴くことができますが、Apple Musicは既に知っているアーティストを聴く感じになります。

では新しいアーティストをApple Musicで聴くにはどうすればいいか。これは「見つける」でフィーチャーされているアーティストを聴くことになりますが、これが「ダサい」。あまりピンときたことがありません。既に知っていたり、興味のないジャンルだったり。

先日は「K-POP」がフィーチャーされていました。正直「え?それって終わってませんか?」という印象です。日本でのブームは過去のものですし、もしも聴きたいユーザーがいれば、YouTubeで聴くでしょう。定額料金を払って、終わったブームのものをすすめられても困ります。

Spotifyのプレイリスト

Spotify

一方のSpotifyはプレイリストが充実しています。流行している曲を集めたプレイリストもあり、新しいアーティストの情報が手に入ります。ここでもApple Musicと差があります。Apple Musicにも流行プレイリストはありますが、似たような曲が並んでいるのです。流行っているのでしょうが、飽きます。途中で止めてしまいます。

その辺り、Spotifyはキュレーターがプレイリストを作っているのか、とてもバランスがよく、流行をうまくおさえてくれています。最近では、無料版のSpotifyで新しいアーティストの曲を探し、Apple Musicで検索して聴くという、訳の分からないことになっていました。

SpotifyがApple Musicに追いついた?

なぜApple Musicを使っていたのかというと、邦楽の新しいアーティストがSporifyでは聴けなかったため。しかし状況が変わってきたようです。

個人的な観測ですが、去年からブレイクして今年は各地のフェスに呼ばれた「ポルカドットスティングレイ」の1stミニアルバムがSpotifyでも聴けます。今年メジャーデビューした「サイダーガール」の1stアルバムも聴けます。印象として去年のSpotifyは、これくらいの位置にいるバンドを聴けませんでした。

以前に聴けなかったちょっとマイナーなアーティストの古い曲はいまだに聴くことはできません。これは新しいアーティストへ目を向けているからだと思われます。ここは諦めるしかなさそうです。

Spotifyで充分になったか

最後にもう一つは、「音質」です。Spotifyの有料プランならCD並みの音質「320kbps」で聴くことができます。これはApple Musicではできません。圧倒的に音質の差があります。特にピアノで感じるのですが、Spotifyなら音の振動が見えるように聴こえます。しかしApple Musicでは音の塊のように聴こえます。

このように、Spotifyをベタ褒めするようなコラムになってしまいましたが、現状はこのようになっています。この状況に対しAppleが動くのか。アメリカでは有名プロデューサーを雇ったりしているところで、日本でも今後何か動きがあるかもしれません。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEウォレット

大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

LINEが開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」で、数々の新機能やリニューアルが発表されました。その中でも特に大きなものとして、LINEが電子決済の中核を目指している動きが …

買取の制限

あまりの利用過多に停止していた「CASH」がサービス再開!

ネット質屋アプリ「CASH」は、その話題性からサービス開始わずか16時間で3.6億円分のアイテムが査定され、あまりの反響の大きさに査定サービスを停止していました。昨日、アプリのスタンスを変更し、買取ア …

twitterlite1

新サービス「Twitter Lite」データ通信量を最大70%まで削減、最大30%高速。

Twitterが新サービスとして「Twitter Lite」をリリースしました。これは本来、低速なモバイル環境しかない国のために作られたものですが、格安SIMを使っているなど、低速な回線もしくは通信量 …

メルカリバナー

盗品売買の実態を受けてメルカリが規制強化!

フリマアプリのメルカリは、盗品の売買などの不正取引が相次いでいることを受けて、出品者の本人確認を強化すると発表しました。2017年中に、初回出品時における出品者の住所・氏名・生年月日の登録を必須にする …

今だけSuica¥1,000分チャージプレゼント!定期券を買う新入生や新社会人は必見

モバイルSuica 日本でも2016年10月から開始したサービス「Apple pay」。さっそくJR東日本が、Apple payでSuicaの通学通勤用定期を購入すると、Suicaに¥1000分のチャ …