駐車場予約アプリ「akippa」が福岡のスマホ向けマルチモーダルモビリティサービス実証に参画

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは10月31日、トヨタ自動車と西日本鉄道が福岡市で実施するスマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」の実証実験に参画すると発表しました。期間 は2018年11月1日~2019年3月31日の予定で、福岡市およびその周辺地域で実施します。

スポンサーリンク

移動手段を組み合わせて予約・決済ができるサービスの検証

日本では、移動に関連するさまざまなサービスが登場しています。しかし、移動におけるルート検索や決済が一元で提供されているサービスは少なく、複数のサービスを組み合わせて利用しなければならないという課題があります。今回の実証実験では、公共交通機関、自動車、自転車、徒歩などの移動手段を組み合わせて最適なルートを検索し予約・決済ができるサービスの検証を行います。

スポンサーリンク

akippaの駐車場情報をタップすると予約・決済が可能に

具体的な実験の流れとしては、まず、my route上で、現在地から目的地までの移動経路を検索します。ここでは、選択肢にレンタカー・自家用車やサイクルシェアなども含めたものがあります。ルート案内時の周辺情報として駐車場を表示する場合、候補にakippaの駐車場情報が表示されます。そしてakippaの駐車場情報をタップすると、akippaのサービスサイトに遷移し、予約・決済が可能となります。利用時には、akippaの駐車場ページの案内に沿って駐車するだけで利用ができます。

akippaの役割は、駐車場検索サービスとしてmy routeに情報を提供し、パークアンドライドの利用促進に繋げることです。また、akippa以外にも、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」、シェアサイクルサービスの「メルチャリ」が参画します。

スマホで簡単にできる駐車場探しの実現へ

日本は国土が狭いため、自動車の駐車場や自転車の駐輪場の問題が大きくのしかかっています。この実証実験が成功し、スマホで簡単に駐車場探しが実現できるよう望みます。

スポンサーリンク