どんなものでも1,000円!「CASH」が買い取り強化!

App

どんなものでも1,000円!「CASH」が買い取り強化!

投稿日: コメント (0)


CASHバナー

メルカリNOWのリリース当日に合わせて、買取アプリ「CASH」が「最低買取金額を1,000円とする」と発表しました。どんなものでも買取の商品がカテゴリに入っていれば、1,000円の現金となります。買取アプリの競争が早くも始まりました。

スポンサーリンク

「CASH」を取り巻く環境

どんなものでも買い取りするというコンセプトで今年6月にサービスを開始した「CASH」。リリースから16時間で3億6,000万円が「キャッシュ化」され、サービスが一時停止となりました。その後、ファッションアイテムなどに限定して再出発しました。

11月21日にはサービスを運営しているバンクをDMM.comが70億円で買収し、大きな話題となりました。そこへ追いかけるようにサービスインしてきたのが、メルカリです。買い取りの市場規模はかなり大きいと判断したのでしょう。2社による競争が始まりました。この動きに他社も追随するのではないでしょうか。

どんなものでも1,000円

1,000円

競争が激化するとみるとすぐ、「CASH」は最低買取金額を「1,000円」とすると発表。CASHを運営するバンク代表取締役兼CEOの光本勇介氏は、「この価格ならノールックで買い取らせていただける」と強気の姿勢です。

ネームバリューの競争

この「どんなものでも1,000円」というのは、この価格での利益は捨てて、ネームバリューを上げる戦略でしょう。買取の規模が大きくなるほど、その利益は大きくなると想定できます。メルカリのネームバリューに対抗するためには、話題性で対抗しよう。そんな考えがみてとれます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

QR

口座を知らなくても送金できる、QRコードで支払いできる。「LINE Pay」って便利じゃない?

筆者はiPhoneを使っていますが、おサイフ携帯に対応していないため、Apple Payを使っても今ひとつ使い道がありません。そんな時、「LINE Pay」って便利なのではないかと思ったわけです。おサ …

ICT総研によるニュース利用調査結果。アプリは4,000万人以上が利用し増加中。

昨今、スマートフォンの普及に伴い、ユーザの情報収集はニュースアプリやWebニュースに集中しています。それに呼応するようにアプリやWebにもニュースが大量に供給されています。その実態をICT総研の調査結 …

end

Appleが買収したiPhone自動化アプリ「Workflow」が無料になったので使ってみた。

2015年のベストアプリに選ばれた「Workflow」をAppleが買収。このアプリが無料になりました。iPhoneの操作を自動化してくれるアプリ。使ってみないとわからないということで、使い方のレポー …

ARKit対応!部屋に仮想の家具を置ける「RoomCo AR」

株式会社リビングスタイルは、独自の3D技術を用いて20ブランドから実際の家具を試せるARアプリ「RoomCo AR」のARKit対応版をリリースしました。先日お伝えしたARアプリはイメージを掴むだけで …

SNAP

Insragramの女性が着ているアイテムがわかる。「SNAP by IQON」リリース。

ファッションはInstagramの写真を参考にするという女性が増えています。おしゃれで有名な人のコーディネートは真似したくなるもの。しかし、実際は何を着ているのかわからない。それを画像解析し、着ている …