激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

Facebookが「Dislike! 」ボタンの実装を実験中。「やだね!」と表現できるように?

投稿日:

Facebookに「Dislike!(やだね!)」ボタンを付けて欲しいという要望は以前よりありました。2015年にはマーク・ザッカーバーグが開発中であることを発表したところです。そして現在、一部ユーザーにてテストが行われているのですが、望んでいるものとは少し違うかもしれません。

スポンサーリンク

現在のFacebookのボタン

2015年の発表でザッカーバーグはこのように話しています。

「ユーザーが本当に望んでいるのは、『共感』を表現する方法です。そして、人生は全てが良い瞬間というわけではありません」

その結果導入されたのは、「絵文字」を使った感情表現でした。確かにユーザーの投稿に共感できる表現ではあるのですが、ユーザーが望んでいたものとは違うもの。ほとんどのユーザーが親指を下に向けたこのようなボタンを望んでいたと思います。

Dislike出典:GIGAZINE

今回の「やだね!」ボタンテスト

それがやっと、実現されるかもしれないと海外でニュースになっています。しかしそのテストは「Facebook Messenger」でのテストでした。

Facebookはこのようにコメントしています。

「私たちはMessengerをより楽しく、実りのあるものにする方法をテストしています。これは、ユーザーがメッセージに対する自分の感情を最も表現する絵文字をシェアするための、小規模なテストです」

現在は一部ユーザーでテスト的に導入されています。テスト結果が良好であれば、一般のユーザーにも開放されるでしょう。

本当の「やだね!」ボタンは?

ユーザーは「投稿に対しての」やだね!ボタンを欲しいのですが、なかなか実現されません。推測ですが、現在の状態はある程度ポジティブな投稿をする形へ「意識的に」仕向けているように思われます。「やだね!」ボタンを追加することで、Facebookに愚痴があふれるようなことを避けたいのではないでしょうか。

毎日、友人の愚痴をみるのもいい気分ではないでしょう。しかし筆者としては、「自慢」ばかりを見せられる現状もあまり心地よいものではありません。「Facebook疲れ」という言葉もみるようになり、慎重なかじ取りが迫られています。

参考URL:GIGAZINE

-App
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

remote

Spotifyを1ヶ月使ってみてわかったこと。Appleミュージックとの比較も。

現在、Apple Musicが無料キャンペーンをしていて勢いがあります。ですが、先月、Apple MusicからSpotifyに乗り換えた筆者。1ヶ月Spotifyを使ってみて、いいところ悪いところ含 …

LINEウォレット

大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

LINEが開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」で、数々の新機能やリニューアルが発表されました。その中でも特に大きなものとして、LINEが電子決済の中核を目指している動きが …

ICT総研によるニュース利用調査結果。アプリは4,000万人以上が利用し増加中。

昨今、スマートフォンの普及に伴い、ユーザの情報収集はニュースアプリやWebニュースに集中しています。それに呼応するようにアプリやWebにもニュースが大量に供給されています。その実態をICT総研の調査結 …

PRELYトップ画面

異性へのプレゼントって何がいいの?。SNSデータからプレゼントを提案してくれる「PRELY」

たまに相談を受けます。「あなただったら何が欲しい?」。案外、パートナーではなくカジュアルに異性の友達へプレゼントする際、何にしたらいいのかわからないところ。そんなシチュエーションをSNSデータを活用し …

Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加され …