下手な絵をAIが上手な絵に描き直してくれるGoogleが開発した「AutoDraw」早速、大喜利状態に。

App

下手な絵をAIが上手な絵に描き直してくれるGoogleが開発した「AutoDraw」早速、大喜利状態に。

投稿日:

子供が描いたような下手な絵を上手なイラストにAIを使って描き直してくれるアプリ「AutoDraw」をGoogleがリリースしました。ダウンロードなどは不要で、専用サイトにアクセスするとすぐに使い始められます。しかし、そこはさすが日本人。早速の大喜利大会が始まっています。

スポンサーリンク

「AutoDraw」とは

draw

出典:Internet.com

Googleがリリースした「AutoDraw」とは、このように下手なイラストを上手にAIが描き直してくれるWebアプリです。落書きのように描けば上部に「Do you mean :(あなたが意図しているのは:)」と表示され、描きたかったイラストへ変換してくれます。

日本人、大喜利を始める

日本人が新サービスを普通に使ったことがあったでしょうか。早速の大喜利大会になっているので、一部をご紹介します。


このあたりは、Google先生の本気度を感じます。AIはすごい。


もはや、別の生物になっていたり……「カエル」であることを認識した…だと…!?


wwwwww←草


今が旬のサーバルちゃん。エビの可能性が浮上してきました。

楽しければそれでいい

日本人は限られた機能の中で楽しむのがうまいと感じる時があります。特にTwitterは他国と比べて特殊な使い方がされています。140文字の中により多くの情報をこめられる日本語だからという特徴もあります。これからも新しいサービスが出てくると、誰かが大喜利を始めるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

002

Instagramが本家を追い越した!?話題のARスタンプを使ってみた。

海外で人気の「Snapchat」。このアプリが持つ機能を「Instagram」はどんどんと取り入れています。その結果、Snapchatは1億6000万ユーザー、Instagramの同様の機能を使うユー …

jmty2

面倒な登録なしにすぐに売買などができる「ジモティー」。使ってみた結果、驚くほどの簡単さ!

地元の人たちと簡単にものの売り買いしたり、あげたりできるアプリ「ジモティー」。面倒な登録なしに、ということなので、そんなに簡単に取り引きできるものなのかと、使ってみました。その使用感をお伝え致します。 …

メルカリ、ヤフオクなどで送料を安くする方法が登場!店舗での受け取りも可能に!

日本郵便は、メルカリやヤフオクといったフリマアプリ・オークションサイトとのシステム連携による配送サービス「e配送サービス」を提供開始しました。対象となるのは「ゆうパック」「ゆうパケット」で、それをベー …

screen3

Googleマップで、移動中の位置が共有可能になったので使ってみた。今、どのあたりまで来てる?

アメリカでは既に実装されていた移動中の位置情報を共有する機能。Android版のGoogleマップに新機能として実装されました。現時点でiOS版のアップデートはまだですが、近日中にアップデートされるで …

SENSY1

AIがファッションをコーディネート!?「SENSY」を使ってみた…が…。

今、世の中はAIブーム。将棋でプロに勝つなど目覚ましい発展をしています。そんな中、AIがファッションをコーディネートしてくれるという「SENSY」。この開発会社「カラフル・ボード」が8億円の第三者割当 …