Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加されました。

スポンサーリンク

「現在地を共有」機能

share-location

出典:アプリオ

「現在地を共有」機能の使い方はメニューから選択するか、自分の現在地である青い点をタップします。そして共有する相手と共有時間を設定すると、リアルタイムに自分の現在地を共有できます。共有する時間はタイムリミットを設定するか、手動で共有時間を設定できます。

「移動状況を共有」機能

share-journey

出典:アプリオ

ナビ機能を利用する際に、「移動状況を共有」オプションを有効化すると、目的地までの残り時間予想と、移動状況を共有することができます。共有は目的地へ到着すると終了します。

日本でももうすぐ使えるように

冒頭にあったように、駐車位置を記録する機能追加は発表からしばらくして日本のAndroid/iPhone版のGoogleマップに追加されました。今回の機能もすぐに世界中のGoogleマップで使えることになるとのことです。

どんどん便利になる機能追加

この機能はとても便利ではないでしょうか。友人と待ち合わせをしていて「今どのあたり?」と聞かれることがよくあります。その質問の連絡が運転の最中だったりするので、返信に時間がかかっていました。

筆者はiPhoneユーザーですが、Appleのマップアプリを使うよりもGoogleマップを使ってしまいます。どんどんと機能が拡充されていって、使ってみたときに「ここまで進化しているんだ」と感心してしまうほど。Appleが自社製のアプリと連携するのを前提としているのに対して、Googleはオープンに機能を拡充しているところも大きな違いです。

参考URL:アプリオ

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー