Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

App

Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加されました。

スポンサーリンク

「現在地を共有」機能

share-location

出典:アプリオ

「現在地を共有」機能の使い方はメニューから選択するか、自分の現在地である青い点をタップします。そして共有する相手と共有時間を設定すると、リアルタイムに自分の現在地を共有できます。共有する時間はタイムリミットを設定するか、手動で共有時間を設定できます。

「移動状況を共有」機能

share-journey

出典:アプリオ

ナビ機能を利用する際に、「移動状況を共有」オプションを有効化すると、目的地までの残り時間予想と、移動状況を共有することができます。共有は目的地へ到着すると終了します。

日本でももうすぐ使えるように

冒頭にあったように、駐車位置を記録する機能追加は発表からしばらくして日本のAndroid/iPhone版のGoogleマップに追加されました。今回の機能もすぐに世界中のGoogleマップで使えることになるとのことです。

どんどん便利になる機能追加

この機能はとても便利ではないでしょうか。友人と待ち合わせをしていて「今どのあたり?」と聞かれることがよくあります。その質問の連絡が運転の最中だったりするので、返信に時間がかかっていました。

筆者はiPhoneユーザーですが、Appleのマップアプリを使うよりもGoogleマップを使ってしまいます。どんどんと機能が拡充されていって、使ってみたときに「ここまで進化しているんだ」と感心してしまうほど。Appleが自社製のアプリと連携するのを前提としているのに対して、Googleはオープンに機能を拡充しているところも大きな違いです。

参考URL:アプリオ

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「LINE災害連絡サービス」災害時、簡単に連絡を取り合えるサービスをLINEが提供開始

LINEが災害時に連絡を取り合えるサービスを提供開始しました。昨年の熊本地震では日本国内のトークが倍になるほどのメッセージがやり取りされることに。これを受けて、災害時に簡単に連絡を取れる手段を提供した …

end

Appleが買収したiPhone自動化アプリ「Workflow」が無料になったので使ってみた。

2015年のベストアプリに選ばれた「Workflow」をAppleが買収。このアプリが無料になりました。iPhoneの操作を自動化してくれるアプリ。使ってみないとわからないということで、使い方のレポー …

独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

Spotifyは新しいスタイルの2次元バーコード「Spotifyコード」を運用開始しました。これを他のユーザーに送信したり、紙などへ印刷することで、アーティストの紹介が簡単にできます。少し使い方をみて …

tappiness

LINEをかざすとドリンクが買えて、ポイントも貯まる。「Tappiness(タピネス)」ってどんなもの?

キリンビバレッジバリューベンダーは、LINEと協業して、LINEアプリが自動販売機と連動する「Tappiness(タピネス)」を発表。LINE Payで買うことも、現金で買うこともでき、ポイントが貯ま …

ARKit対応!部屋に仮想の家具を置ける「RoomCo AR」

株式会社リビングスタイルは、独自の3D技術を用いて20ブランドから実際の家具を試せるARアプリ「RoomCo AR」のARKit対応版をリリースしました。先日お伝えしたARアプリはイメージを掴むだけで …