激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

投稿日:

先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加されました。

スポンサーリンク

「現在地を共有」機能

share-location

出典:アプリオ

「現在地を共有」機能の使い方はメニューから選択するか、自分の現在地である青い点をタップします。そして共有する相手と共有時間を設定すると、リアルタイムに自分の現在地を共有できます。共有する時間はタイムリミットを設定するか、手動で共有時間を設定できます。

「移動状況を共有」機能

share-journey

出典:アプリオ

ナビ機能を利用する際に、「移動状況を共有」オプションを有効化すると、目的地までの残り時間予想と、移動状況を共有することができます。共有は目的地へ到着すると終了します。

日本でももうすぐ使えるように

冒頭にあったように、駐車位置を記録する機能追加は発表からしばらくして日本のAndroid/iPhone版のGoogleマップに追加されました。今回の機能もすぐに世界中のGoogleマップで使えることになるとのことです。

どんどん便利になる機能追加

この機能はとても便利ではないでしょうか。友人と待ち合わせをしていて「今どのあたり?」と聞かれることがよくあります。その質問の連絡が運転の最中だったりするので、返信に時間がかかっていました。

筆者はiPhoneユーザーですが、Appleのマップアプリを使うよりもGoogleマップを使ってしまいます。どんどんと機能が拡充されていって、使ってみたときに「ここまで進化しているんだ」と感心してしまうほど。Appleが自社製のアプリと連携するのを前提としているのに対して、Googleはオープンに機能を拡充しているところも大きな違いです。

参考URL:アプリオ

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタート画面

LINEで「サイバー防災訓練」実施中。ちょっと乗っ取られてみた。

LINEの乗っ取りが一時期流行し、電子マネーを購入させられるなどの被害が頻発しました。そのようなLINE乗っ取りを疑似体験する「サイバー防災訓練」が実施中です。人によってストーリーが変わる訓練になって …

下手な絵をAIが上手な絵に描き直してくれるGoogleが開発した「AutoDraw」早速、大喜利状態に。

子供が描いたような下手な絵を上手なイラストにAIを使って描き直してくれるアプリ「AutoDraw」をGoogleがリリースしました。ダウンロードなどは不要で、専用サイトにアクセスするとすぐに使い始めら …

kyash

無料送金サービス「Kyash」iOS正式版をリリース。個人間で送金、キャッシュレスで買い物?

アプリ開発スタートアップ「Kyash」がiOS版アプリの正式版をリリース。サービスを開始しました。これは個人間でお金を送金するサービスで、手数料が無料であることが最大の特徴です。SNSや電話帳でつなが …

3ヵ月以上使わない未使用アプリ。6割が使われないまま放置されているとの調査結果。

ご自分のスマートフォンにはどれくらいのアプリがインストールされているでしょうか。そのアプリは使っていますか?中にはバックグラウンドで実行されるものもあり、バッテリーの消耗に影響を与えることも。そんな調 …

「SNS疲れ」3人に2人のユーザーが疲れなくなった理由

以前はよくSNS疲れという言葉が聞かれました。特にFacebookが流行し始めた頃から聞かれるようになりました。LINEでは「既読スルー」という言葉も流行しました。最近の調査によると、3人に2人のユー …