Google Play Musicアプリで再生の品質設定が可能に。Wi-fiであれば「常に高音質」も。

App

Google Play Musicアプリで再生の品質設定が可能に。Wi-fiであれば「常に高音質」も。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Android版およびiOS版のGoogle Play Musicアプリに音質設定の機能が追加されました。Wi-fiストリーミング再生時とダウンロードの際に高音質での再生が可能になります。

スポンサーリンク

設定の方法

setting

出典:Engadget

設定メニューで Wi-fi使用時の再生品質が「低/中/高/常に高品質」の4段階、またダウンロード再生の音質設定が「低/標準/高」の3段階となりました。Wi-fiでの利用ですのでデータ通信量を気にすることがないのであれば、高品質にしておけば良い音で再生が可能になります。

ただし、公共のWi-fiなどスループットが遅い場合は音が途切れることがあるかもしれません。また、ダウンロード時を高音質にすると保存容量は大きくなります。

他のサービスと比べると音質はどうなのか

Google Play Musicでの品質がどのようになったのかについては記載がありません。保存容量が大きくなったということから推測するに変換ビットレートが高くなっているものだとは推定できます。どの程度のビットレートなのかは明記されていません。

Apple Musicでは設定項目にストリーミングと高品質ストリーミングの2種類があるだけで、ビットレートの表記はありません。

Spotifyの場合は、ストリーミング時の再生品質が96k/160k/320k/自動設定と明記されています。320kbpsであればCD品質と言えるビットレートになります。

ストリーミング時の音質はどうすればいい?

筆者の考えにはなりますが、Wi-fiを家で繋いで聴くのであれば高品質にしておくことで、良い音で音楽を楽しむことができます。一方で、公共の場所のWi-fiで聴くのであれば高音質にしても周りの音が混ざってくるため、さほど意味を感じません。使う場所と自分のストレージ容量を考えてみて、賢い選択で使いたいところです。

参考URL:Engadget

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SNS・コミュニケーションアプリのシェア動向。「SNOW」が若い女性に浸透。

ニールセンデジタルが、主要SNS・コミュニケーションアプリの利用状況について調査結果を発表しました。これはスマートフォンの行動分析サービス「Nielsen Mobile NetView」の2017年1 …

LINEウォレット

大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

LINEが開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」で、数々の新機能やリニューアルが発表されました。その中でも特に大きなものとして、LINEが電子決済の中核を目指している動きが …

Googleマップに新機能追加。自分の位置をリアルタイムに共有できるように。

先日、駐車した場所を保存できる機能が追加されたGoogleマップ。精力的なアップデートが続いています。今回は自分の今いる場所をリアルタイムに共有できる機能「現在地を共有」と「移動状況を共有」が追加され …

iOS11でWi-FiとBluetoothがオフにできない危険性

iOS11ではコントロールセンターからWi-FiやBluetoothをオフにしても、切断がされるだけでオフにはなりません。このことについて、EFFが「誤解を招く」ことと「セキュリティ上問題がある」とい …

001

いい雰囲気のカフェをInstagramで探せる!今、大注目の「Tastime」アプリを使ってみた。

インスタグラマーという言葉をよく目にするようになりました。先日、人気インスタグラマーのファッションを参考にできるサービスを紹介しましたが、今度はその飲食店版です。Instagramで人気のある飲食店を …