Google Play Musicアプリで再生の品質設定が可能に。Wi-fiであれば「常に高音質」も。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

Google Play Musicアプリで再生の品質設定が可能に。Wi-fiであれば「常に高音質」も。

投稿日:

Android版およびiOS版のGoogle Play Musicアプリに音質設定の機能が追加されました。Wi-fiストリーミング再生時とダウンロードの際に高音質での再生が可能になります。

スポンサーリンク

設定の方法

setting

出典:Engadget

設定メニューで Wi-fi使用時の再生品質が「低/中/高/常に高品質」の4段階、またダウンロード再生の音質設定が「低/標準/高」の3段階となりました。Wi-fiでの利用ですのでデータ通信量を気にすることがないのであれば、高品質にしておけば良い音で再生が可能になります。

ただし、公共のWi-fiなどスループットが遅い場合は音が途切れることがあるかもしれません。また、ダウンロード時を高音質にすると保存容量は大きくなります。

他のサービスと比べると音質はどうなのか

Google Play Musicでの品質がどのようになったのかについては記載がありません。保存容量が大きくなったということから推測するに変換ビットレートが高くなっているものだとは推定できます。どの程度のビットレートなのかは明記されていません。

Apple Musicでは設定項目にストリーミングと高品質ストリーミングの2種類があるだけで、ビットレートの表記はありません。

Spotifyの場合は、ストリーミング時の再生品質が96k/160k/320k/自動設定と明記されています。320kbpsであればCD品質と言えるビットレートになります。

ストリーミング時の音質はどうすればいい?

筆者の考えにはなりますが、Wi-fiを家で繋いで聴くのであれば高品質にしておくことで、良い音で音楽を楽しむことができます。一方で、公共の場所のWi-fiで聴くのであれば高音質にしても周りの音が混ざってくるため、さほど意味を感じません。使う場所と自分のストレージ容量を考えてみて、賢い選択で使いたいところです。

参考URL:Engadget

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Facebookが「Dislike! 」ボタンの実装を実験中。「やだね!」と表現できるように?

Facebookに「Dislike!(やだね!)」ボタンを付けて欲しいという要望は以前よりありました。2015年にはマーク・ザッカーバーグが開発中であることを発表したところです。そして現在、一部ユーザ …

twitter

17歳未満はiPhoneでTwitterを使えない?App Storeでレビュー欄が荒れる。

Twitter公式アプリが3月24日にアップデートされました。このアップデートの際、アプリのレーティング(年齢制限)が17歳以上となり、急に使えなくなってしまったミドルティーンのユーザーが困惑。レビュ …

line1

「LINEビデオ通話」のアップデート。「使ってみた」ことをできるだけフォトショで伝えてみる。

LINEの「ビデオ通話」がアップデートされ、リアルタイムでエフェクトがかけられるようになりました。「SNOW」のようなものになったのかと思われますが、使ってみなければよくわからない。使ってみたものの筆 …

LINEデリマトップ

「LINEデリマ」で出前を注文。全国14,000店ってどれくらい使える?

LINEは料理が注文できるサービス「LINEデリマ」を開始しました。全国1万4,000店と提携し、LINEから注文ができます。店舗名やエリアなどから検索ができ、メニューを選んだら、配達先と支払い方法を …

SENSY1

AIがファッションをコーディネート!?「SENSY」を使ってみた…が…。

今、世の中はAIブーム。将棋でプロに勝つなど目覚ましい発展をしています。そんな中、AIがファッションをコーディネートしてくれるという「SENSY」。この開発会社「カラフル・ボード」が8億円の第三者割当 …