LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

App

LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

ユーザーが製作したLINEスタンプを販売できる「LINE Creators Market」が公開されてから5月8日で3年となりました。LINEはこの3年間の利用および販売実績を発表。LINEスタンプを販売してどれくらい売上があるものなのでしょうか。

スポンサーリンク

LINE Creators Marketの概要

LINEアカウントを持つユーザーなら誰でも、スタンプや着せ替えを製作して販売できるLINE Creators Market。製作したものはLINEによる審査を通過すればLINE Storeで販売できます。売上のうちの50%がクリエイターに分配されます。

3年間で登録クリエイター数は世界72万人。販売中のスタンプ・着せ替え数は40万セット。3年間の3年間の販売総額は479億円となっています。
スタンプ売上グラフ

ところで、クリエイターは儲かるの?

売上上位10名のクリエイターの累計平均販売額は5億3000万円。乱暴に平均してしまうと1人あたり5,300万円。50%が分配されますので、2,650万円。さて、多いと思うでしょうか、少ないでしょうか。筆者が最近感じているのは、人気クリエイターのスタンプは企業の公式スタンプとコラボされることが多くなっていること。それを考慮するとかなり多いのではないでしょうか。

LINEでは2015年にスタンプの販売価格を120円〜600円の5段階で価格設定できるようにし、2016年10月には写真を使ったスタンプ販売を解禁しました。当初は1セットあたり静止画スタンプで50個用意しないといけませんでしたが、1セット最低8個からに変更。クリエイターは参加しやすくなっています。

人気スタンプが儲かる仕組み

LINEスタンプを買おうとすると、まず人気のスタンプが提案されます。そして、その他のスタンプを探してみようとするとランキング形式のものが提案されます。これは売上を上げるためには普通のことでしょう。人気のあるスタンプほど、よく売れるようになります。

ただ好きなイラストレーターがスタンプを出しているのか検索することは難しいところ。検索機能は充実しているとは言いにくいです。このあたりが改善されれば、もっと個性的なLINEの会話が楽しめるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

bot

Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

botとは機械的にツイートするアカウントの総称ですが、Twitterにはいろいろなbotが存在します。日本のものだと名言系botや芸能人botなどがみられます。そんなbotがTwitterのアカウント …

SNAP

Insragramの女性が着ているアイテムがわかる。「SNAP by IQON」リリース。

ファッションはInstagramの写真を参考にするという女性が増えています。おしゃれで有名な人のコーディネートは真似したくなるもの。しかし、実際は何を着ているのかわからない。それを画像解析し、着ている …

Twitterで特定のキーワードをミュート可能に。その他、不快なメッセージからユーザーを守る機能追加。

Twitterは3月1日、よりTwitterを安全に使えるように機能追加したことを発表しました。この追加機能は順次ユーザーが利用できるようになっていくとのこと。ユーザーからすると「やっとか…」という機 …

SNS・コミュニケーションアプリのシェア動向。「SNOW」が若い女性に浸透。

ニールセンデジタルが、主要SNS・コミュニケーションアプリの利用状況について調査結果を発表しました。これはスマートフォンの行動分析サービス「Nielsen Mobile NetView」の2017年1 …

SnapType

アプリがディスグラフィア(書字障害)の子供を助ける時

学習障害の中に、ディスグラフィア(書字障害)というものがあります。これは紙に書かれた字を読むことはできますが、「書くことが苦手」という障害です。アメリカで、あるアプリがこの障害を持った子供をサポートし …