激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

AIがファッションをコーディネート!?「SENSY」を使ってみた…が…。

投稿日:

今、世の中はAIブーム。将棋でプロに勝つなど目覚ましい発展をしています。そんな中、AIがファッションをコーディネートしてくれるという「SENSY」。この開発会社「カラフル・ボード」が8億円の第三者割当増資を受けるというので、そんなにすごいものなのかと、使ってみたのですが…。そのレビューをお届けします。

スポンサーリンク

AIコーディネートアプリ「SENSY」


動画を見ると、ファッションに敏感な若い人をターゲットにしています。それではと、若い女性の設定で、アプリを使ってみることにしました。
SENSY1
「好みを教えてください」と言われているのに、「コーデをお願いします」と会話になっていませんが、「かしこまりました」とコーデを考えてくれました。しかし、答えが返ってこないので、最初に戻って、「新着アイテム」から「いいね」「いまいち」とかなりの数を選択。

目指す方向性としては、カジュアル系で、ワイドパンツをさらっと着こなすようなイメージ。この春の流行として、トップスは春らしく軽くしたいので、そのあたりを「いいね」と覚えてもらうようにしました。

「SENSY」からの提案

そして、「コーデをお願いします」と改めて依頼します。また、かなり長い時間待たされるのですが、これはしょうがないのでしょう。そして提案されたコーディネートがこれです。
SENSY2
えーと…。ワイドパンツを選択してくれたのはいいとして、トップスが、ガーリーでちょっとフォーマルなカーディガン。はっきり言って、合いません。シンプルなタートルのニットや、軽めのカットソーならわかるのですが、このカーディガンはちょっと…。それにバッグが「バックパック」。決定的に合いません。女性が二人出ていますが、そのままのコーディネトにしたいところ…。

日本のAIは発展途上

それから何度かコーディネートをお願いしたのですが、諦めました。本当にAIを使っているのか、疑問に思ったほどです。以前ご紹介した「SNAP by IQON」はよくできていました。Instagramで人気のコーディネートから着ているアイテムをAIで教えてくれるのですが、かなり的確です。日本のAIはまだまだ発展途上なのでしょう。

しかし、今年は何か素晴らしいアプリが出てくるのではないかと期待しているところです。

-App
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オリジナルのLINEスタンプが作れる!!「LINE CREATORS STUDIO」の使い方。

LINEでよく使うスタンプ。これを自分で簡単に作れる「LINE CREATORS STUDIO」が公開されました。どのように使うのか、使ってみた感覚などをお伝えします。 スポンサーリンク スタンプを作 …

LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

ユーザーが製作したLINEスタンプを販売できる「LINE Creators Market」が公開されてから5月8日で3年となりました。LINEはこの3年間の利用および販売実績を発表。LINEスタンプを …

tappiness

LINEをかざすとドリンクが買えて、ポイントも貯まる。「Tappiness(タピネス)」ってどんなもの?

キリンビバレッジバリューベンダーは、LINEと協業して、LINEアプリが自動販売機と連動する「Tappiness(タピネス)」を発表。LINE Payで買うことも、現金で買うこともでき、ポイントが貯ま …

世界のアプリ収益トップ52社が発表される。日本でのアプリ収益はどのようになっているのか。

App Annie(アップアニー)は約70万社を調査し、2016年のアプリ売上とアプリ内広告収益から上位52社を発表しました。日本でランクインしたのは17社。日本のアプリ収益の構造をみていきます。 ス …

出品画面

メルカリが本やCDなどに特化したアプリ「カウル」をリリース。「ブクマ!」に対抗!?

メルカリのグループ会社ソウゾウは、本やCD、DVDなどの売買に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のiOS版をリリースしました。2016年8月から提供されている本の売買専門アプリ「ブクマ!」を追従 …