Pacemaker

Spotifyに加入したら「お手軽DJ」しよう!無料アプリPacemaker!

月額980円(学割490円)でSpotifyの有料プランに加入すると音楽が聴き放題になります。それに加えて、Spotifyの音源を使ってDJができるようにも。これはやってみたい。「Djay」という有名アプリがありますが、もっと「お手軽にDJプレイ」が楽しめる「Pacemaker」を紹介します。

スポンサーリンク

Spotify+Pacemaker=DJの使い方

まずはApp Storeから「Pacemaker」を入手します。

Pacemaker

そしてアプリを開くと「Log in with Spotify」と表示されるのでタップします。するとログイン画面になりますので、Spotifyのユーザー名とパスワードを入力すれば、連携は完了です。左下の「+」マークでかけたい曲を追加していくのが、基本的な操作方法です。

Spotifyログイン

さっそくDJプレイしてみましょう。「+」マークをタップ。とりあえず、筆者のプレイリストの中からエース・オブ・ベースの「The Sign」をタップ。このようにあらかじめSpotifyにかけたい曲のプレイリストを作っておくと曲を探しやすいですね。

プレイリスト画面

すぐに曲が再生され始めます。この曲の次に「繋ぐ」曲を追加するために「+」マークをタップ。

次曲の選択ボタン

そしてまたプレイリストの中から曲を選びます。矢印でさしている「○」が曲のマッチする度合いです。曲のスピードなど繋がりやすい曲がわかるようになっています。では、ブリトニー・スピアーズを繋ぐことにして、この曲をタップ。

プレイリスト画面

これで完了です。矢印で示した部分が「MIX」の部分で、曲が重なって徐々に次の曲へ移行していきます。次々と曲を選んでいけばAIが自動で繋いでくれるようになります。

MIX完了

もうちょっといい感じでDJしたい!

上に紹介したようにこれでもうDJとしては成立しているのですが、もっと「DJプレイ」したい。そんな時は「MIX」の位置を変えることができます。次の曲、ブリトニー・スピアーズの曲の波形を「長押し」して前の方へ移動させます。

波形を移動

これで次の曲へ繋ぐタイミングを早くできました。ちょっとMIXを聴いていただきましょう。40秒ほどの動画です。音量に注意してください。

前の曲が間奏に入るタイミングに次の曲の始まりを持ってきてMIXしました。そしてバシッと移りたいタイミングで左下の「イナズマ」マークをタップしています。かなりDJプレイしている感じが味わえます。

ホームパーティならこれで充分!

Pacemakerはここまで出来て無料のアプリです。有料版だと先ほどの「MIX」部分をもっと細かく調整できます。しかし、ちょっとしたホームパーティなどではこれで充分でしょう。次に繋ぐ曲はアプリのAIがいい感じで提案してくれます。知っている曲でちょっと練習すれば、すぐにDJデビューできますよ!

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー