end

Appleが買収したiPhone自動化アプリ「Workflow」が無料になったので使ってみた。

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

2015年のベストアプリに選ばれた「Workflow」をAppleが買収。このアプリが無料になりました。iPhoneの操作を自動化してくれるアプリ。使ってみないとわからないということで、使い方のレポートをお届けします。

「Workflow」の使い方

筆者は記事執筆のための情報収集をiPhoneで行っています。メモアプリに参考となるページをメモしていくのですが、サファリのURLをコピーして、メモを開いて、貼り付ける、この一連の動作を自動化できないか試してみました。

start
既にひとつワークフローがありますが、これは最初のチュートリアルでできたもの。ここから始めます。「Create Workflow」をタップ、今回はサファリのExtensionとして使いたいため「Action Extension」をタップします。

drag
ここでいきなりつまづいたのですが…画面は特に動きません…
最初のページから左ページへフリックするとアクションの一覧が表示されます。まずはURLを取りたいので、画面にあるように「Get URLs…」をドラッグして元のページへドロップします。

create
「Get URLs…」をドロップしたら、左ページへフリックし、今度は「Create Note」を持ってきます。同じ作業のくりかえしですね。これで目的のアクションが完成してしまいました。

run
これはおなじみのサファリの設定で、拡張機能として「Run Workflow」を表示します。これで準備OK。

まずはmobagateのサイトを表示してみます。
safari
end
四角い拡張機能ボタンをタップ、「Run Workflow」をタップすれば、先ほど設定したアクションが表示されます。もちろんアクション名を付けられます。
アクションをタップすると、メモへの保存画面となり、メモを保存できます。

スポンサーリンク

一度設定してしまえば後は簡単

これからは記事の情報ページをみつけると、「拡張機能」→「Run Workflow」→アクション→メモへ保存と、わざわざアプリを切り替えることなくメモができます。

最初にチュートリアルで出てきたアクションには「家に着いたらリマインダーの通知をする」というアクションを作ってみました。筆者のバイクは給油ごとに家でオイルを入れる必要があります。給油してワンタップでリマインダーを設定できようにしましたので、便利に使えるでしょう。

AppleはこのようにiPhoneを便利にしてくれるWorkflowに長い間注目していて、今回、アプリを買収することになったようです。今後はApple純正としてWorkflowはバージョンアップされていくと思われます。

スポンサーリンク

1 thought on “Appleが買収したiPhone自動化アプリ「Workflow」が無料になったので使ってみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー