「IKEA」のARアプリが日本対応!早速使ってみた

App

「IKEA」のARアプリが日本対応!早速使ってみた

投稿日: コメント (0)


iOS11のリリースと共に、アメリカではリリースされていた家具メーカー「IKEA」のARアプリ。これが日本語に対応し、ダウンロードできるようになりました。早速、使ってみた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

「IKEA」の家具を配置

アプリを起動するとまずは対話形式でナビゲートが始まります。

アプリの起動

「カメラを床に向けてください」と具体的な指示。床をスキャンしているようです。

床をスキャン

置いてみる家具を選びます。とりあえず、3人掛けソファを選択。

家具の選択

これがその結果です。何とか収まって部屋の一面を占める感じになります。

設置イメージ

隣のスペースに本物の椅子を置いてみました。これをみると縮尺も正確なようです。

縮尺の確認

非常に出来が良いアプリ

これは率直に「出来が良い」と感じました。他のアプリは起動すると、「カメラを動かしてください」「スキャンしています」など、どうしていいのか今ひとつわからないアプリがほどんど。このアプリは「カメラを床に向けてください」と具体的な指示があります。

カメラを床に向けると認識された部分が黄色い点で表示されます。ちゃんと認識している過程がわかるのも良い点でしょう。

もしIKEAで家具を買おうと思うなら、使ってみるべきアプリと言えます。ソファやベッドの失敗はとても大きいものになってしまいますから。

-App -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加