世界のアプリ収益トップ52社が発表される。日本でのアプリ収益はどのようになっているのか。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

世界のアプリ収益トップ52社が発表される。日本でのアプリ収益はどのようになっているのか。

投稿日:

App Annie(アップアニー)は約70万社を調査し、2016年のアプリ売上とアプリ内広告収益から上位52社を発表しました。日本でランクインしたのは17社。日本のアプリ収益の構造をみていきます。

スポンサーリンク

アプリ収益の9割はゲームから

収益ランキング

出典:ケータイWatch

日本の企業でトップの売り上げは「モンスターストライク」が好調なmixi。2位はLINE。3位はバンダイナムコとなりました。LINEはツムツム系のゲーム。バンダイナムコは所有ライセンスのゲームを多数リリースしており、総合的にランクインしたものと考えられます。

以降も、ガンホー、スクウェア・エニックスなどスマートフォンゲームをリリースしている会社となりました。App Annieによると、日本ではアプリ収益のうち9割がゲームからの収益とのことです。

ゲームを除いた収益ランキングでは、1位はメッセージングアプリのLINE、2位はコーディネートアプリのココネ、3位はマンガアプリのスクウェア・エニックスとなりました。

MAU(月間アクティブユーザー)のランキング

MAUランキング

出典:ケータイWatch

どの程度、アプリが利用されているのか。1ヵ月の間に利用された回数のMAUという指標で測ります。1位はLINE。絶大な人気が伺えます。2位以降は、Yahoo!JAPANアプリ、Yahoo!乗換案内、Yahoo!天気とヤフーのアプリが並び、その便利さからよく使われていることがわかります。

ゲームでランクインしたのは6位のLINEツムツムのみ。ここからApp Annieは日本のゲームアプリを、少数のユーザーから多くの売り上げをあげていると分析しています。

ゲームアプリの収益性

日本のアプリ市場ではゲームアプリが乱立しています。ひとつヒットすると業界全体がひっくり返るゲーム市場。収益性も桁違いです。しかし、少数の課金者から多額の収入を得るモデルになっているため、自主規制が入ったこともありました。

それでも依然として高い収益性を誇るゲームアプリ。筆者の印象としては、あまり健全な構造とは思えません。「ガチャ」というシステムは、ギャンブルと大きく変わらないシステムで、問題も多く発生しています。このままの状態が続くのかは不透明でしょう。

-App
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEデリマトップ

「LINEデリマ」で出前を注文。全国14,000店ってどれくらい使える?

LINEは料理が注文できるサービス「LINEデリマ」を開始しました。全国1万4,000店と提携し、LINEから注文ができます。店舗名やエリアなどから検索ができ、メニューを選んだら、配達先と支払い方法を …

絵画スタイル

AIカメラアプリ「Microsoft Pix」がすごい。ペット用の無音カメラアプリにも。

Microsoftは人工知能(AI)を使ったiPhone用カメラアプリ「Microsoft Pix」をアップデートしました。アップデート内容は、AIを使って写真を絵画のようにペイントしてくれる機能。し …

ひらがな・カタカナ

LINEが「デコ文字」導入!これって…「デコメ」の再来??

LINEは7月19日、絵文字の一種として「デコ文字」を導入しました。通常の文字に比べて太めで大きくカラフルになっています。現在はひらがな・カタカナ・アルファベット・特殊文字が利用可能になっています。ま …

ICT総研によるニュース利用調査結果。アプリは4,000万人以上が利用し増加中。

昨今、スマートフォンの普及に伴い、ユーザの情報収集はニュースアプリやWebニュースに集中しています。それに呼応するようにアプリやWebにもニュースが大量に供給されています。その実態をICT総研の調査結 …

Instagram

Instagramの広告主が激増。わずか1年間で5倍の100万社に。

Instagramが好調です。ユーザー数の増加と共に、広告主が1年前は20万社、昨年9月は50万社、現在は100万社になっています。これはInstagramの広告が効果的なことが増加の要因になっていま …