独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

App

独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

投稿日: コメント (0)


Spotifyは新しいスタイルの2次元バーコード「Spotifyコード」を運用開始しました。これを他のユーザーに送信したり、紙などへ印刷することで、アーティストの紹介が簡単にできます。少し使い方をみてみましょう。

スポンサーリンク

Spotifyコードの仕組みと使い方

このバーコードは順次、アーティストへ付与されていっているようです。筆者もたまたま対象のアーティストを発見しました。Spotifyコードの付与されたアーティストの画面の「・・・」ボタンをタップします。

アーティスト画面

すると、そのアーティストのSpotifyコードが表示されたアーティスト写真が表示されます。このコードは普通のバーコードと違い、棒の長さによってもコード化されている2次元バーコードになっています。音源の波形に似ているのが面白いですね。

Spotifyコード画像

この画像は友人などに送付することもできますし、画面をカメラでスキャンしてもらうこともできます。アーティスト検索画面の右上にカメラのボタンがあります。それをタップすることでカメラが起動します。

アーティスト検索画面

また矢印の説明書きをタップすれば、送付された画像を読み取ることもできます。

あえてアナログへ印刷する

まだインターネット通販がなかった頃、CDショップの視聴版と共に書いてあるポップはとても貴重な情報源でした。ショップ店員のオススメ情報が書かれていて、どんなジャンルの音楽なのかわかり、そこから別のアーティストへ繋がることもできました。

今となっては、トップチャートは検索できても、ちょっとマニアックなアーティストの情報は探さないとみつかりません。そのような情報の共有方法として、例えばフリーペーパーのオススメアーティストをSpotifyコードで読み込む。そんな新たな情報流通ができると面白いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

end

Appleが買収したiPhone自動化アプリ「Workflow」が無料になったので使ってみた。

2015年のベストアプリに選ばれた「Workflow」をAppleが買収。このアプリが無料になりました。iPhoneの操作を自動化してくれるアプリ。使ってみないとわからないということで、使い方のレポー …

jmty2

面倒な登録なしにすぐに売買などができる「ジモティー」。使ってみた結果、驚くほどの簡単さ!

地元の人たちと簡単にものの売り買いしたり、あげたりできるアプリ「ジモティー」。面倒な登録なしに、ということなので、そんなに簡単に取り引きできるものなのかと、使ってみました。その使用感をお伝え致します。 …

下手な絵をAIが上手な絵に描き直してくれるGoogleが開発した「AutoDraw」早速、大喜利状態に。

子供が描いたような下手な絵を上手なイラストにAIを使って描き直してくれるアプリ「AutoDraw」をGoogleがリリースしました。ダウンロードなどは不要で、専用サイトにアクセスするとすぐに使い始めら …

bot

Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

botとは機械的にツイートするアカウントの総称ですが、Twitterにはいろいろなbotが存在します。日本のものだと名言系botや芸能人botなどがみられます。そんなbotがTwitterのアカウント …

メルカリバナー

メルカリの利用規約が変更!少々使いにくく?

メルカリはフリマアプリ「メルカリ」において、3点の利用規約変更を行うと発表しました。この変更は12月4日から適用されます。内容は、本人情報の登録、売上金の扱い、振込申請期限の変更となります。新規約が適 …