独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

App

独自2次元バーコード「Spotifyコード」運用開始!曲のシェアやプロモーションに。

投稿日:

Spotifyは新しいスタイルの2次元バーコード「Spotifyコード」を運用開始しました。これを他のユーザーに送信したり、紙などへ印刷することで、アーティストの紹介が簡単にできます。少し使い方をみてみましょう。

スポンサーリンク

Spotifyコードの仕組みと使い方

このバーコードは順次、アーティストへ付与されていっているようです。筆者もたまたま対象のアーティストを発見しました。Spotifyコードの付与されたアーティストの画面の「・・・」ボタンをタップします。

アーティスト画面

すると、そのアーティストのSpotifyコードが表示されたアーティスト写真が表示されます。このコードは普通のバーコードと違い、棒の長さによってもコード化されている2次元バーコードになっています。音源の波形に似ているのが面白いですね。

Spotifyコード画像

この画像は友人などに送付することもできますし、画面をカメラでスキャンしてもらうこともできます。アーティスト検索画面の右上にカメラのボタンがあります。それをタップすることでカメラが起動します。

アーティスト検索画面

また矢印の説明書きをタップすれば、送付された画像を読み取ることもできます。

あえてアナログへ印刷する

まだインターネット通販がなかった頃、CDショップの視聴版と共に書いてあるポップはとても貴重な情報源でした。ショップ店員のオススメ情報が書かれていて、どんなジャンルの音楽なのかわかり、そこから別のアーティストへ繋がることもできました。

今となっては、トップチャートは検索できても、ちょっとマニアックなアーティストの情報は探さないとみつかりません。そのような情報の共有方法として、例えばフリーペーパーのオススメアーティストをSpotifyコードで読み込む。そんな新たな情報流通ができると面白いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

tweetdeck-premium

Twitterが有料プランを検討中!?広告なし、分析ツール、クロスポスト機能など…

Twitterが有料プランを検討していることがわかりました。それはTwitter社らしい方法で、一部ユーザーに「この機能なら20ドルのお金を払うか?」というアンケートを実施したからです。有料プランは公 …

Instagramが返信の「スレッド表示」対応!見やすくなった!

Instagramには以前より返信機能がありましたが、それは時系列で並んだもので、誰に対する返信かはわかりづらいものでした。それが誰に向けた返信なのかわかるように「スレッド表示」されるようになりました …

LINEデリマトップ

「LINEデリマ」で出前を注文。全国14,000店ってどれくらい使える?

LINEは料理が注文できるサービス「LINEデリマ」を開始しました。全国1万4,000店と提携し、LINEから注文ができます。店舗名やエリアなどから検索ができ、メニューを選んだら、配達先と支払い方法を …

丸ボケ写真

「Affinity Photo」はiPad Photoshopの代替として充分すぎる。

写真加工アプリとしてのPhotoshopは業界でのスタンダードであり、そのフォトショマジックは驚くべき加工能力を持ちます。今回紹介する「Affinity Photo」はPhotoshopの代替ができる …

emotion

Android版に追いついた!iOS版「LINE」がアップデート、ビデオ通話でリアルタイムエフェクト

Android版では既に導入されていたLINEビデオ通話のリアルタイムエフェクトが、iOS版にも導入されました。アイコンを画面に表示したり、キラキラとしたエフェクトをかけたり、美肌エフェクトも可能にな …