アップデートが続くLINE!迷惑行為の対策強化!

最近、LINEのアップデートが続いていますが、中には迷惑行為への対策も含められています。今回のアップデートでは「知り合いかも?」に出てくるユーザーを「通報」できるようになりました。背景には増加している迷惑行為があります。

スポンサーリンク

群馬県での教諭による迷惑行為

11月17日、群馬県の教育委員会は、部活動の女子生徒にLINEを使って「かわいいね」「大好きだよ」などのメッセージを送ったとして、男性教諭が停職6ヶ月の懲戒処分としました。LINEは担当の部活で連絡をとる必要があったため、事務的な目的で利用するという名目で連絡先を教えたものです。

この件は、県の教育委員会に匿名の通報がなされ発覚しました。こういった事案にはLINE側でも対策に乗り出していて、今回、新しい通報の方法が追加されました。

スポンサーリンク

新しい「通報」の方法

これまで、通報するには「送られてきたトークを開いて、メニューから通報」する必要がありました。今回新しく、「知り合いかも?」に表示されている相手を「通報」するボタンが実装されました。「知り合いかも?」の欄をタップすると相手が表示され、新たなボタンが追加されています。不快なメッセージを見ることなく「通報」および「ブロック」ができるようになりした。

通報ボタン

知り合いと繋がるという性質を持っているLINEには、どうしても迷惑行為がついてきます。しかし、LINEもその対策に力を入れていて、それが今回のアップデートにもみてとることができます。迷惑行為は「通報」も視野に入れた自衛をしていきたいところです。

参考URL:朝日新聞デジタル