QR

口座を知らなくても送金できる、QRコードで支払いできる。「LINE Pay」って便利じゃない?

筆者はiPhoneを使っていますが、おサイフ携帯に対応していないため、Apple Payを使っても今ひとつ使い道がありません。そんな時、「LINE Pay」って便利なのではないかと思ったわけです。おサイフ携帯に対応していなくても、QRコードで支払いができます。

スポンサーリンク

「LINE Pay」の登録方法

LINE Payの使い方は簡単。まず登録がとても簡単です。LINE Payにパスワードを設定するだけで登録が完了します。
start
LINE Payはクレジットカードの登録が必要ありません。コンビニでチャージしたり、銀行口座からチャージしたりできます。プリペイドなので使いすぎの心配もありません。
charge

スポンサーリンク

「LINE Pay」の使い方

LINEカードの決済方法には3種類あります。LINE Payカードの発行、LINE Pay決済、最後のコード決済が便利ではないかと思うのです。会計の時にレジでバーコードかQRコードを読み取ってもらうだけです。
QR
おサイフ携帯のリーダーにスマホをかざすのと、QRコードを読み取ってもらうのと、どちらもスマホを操作するという点では一緒です。手軽でいいのではないでしょうか。

また、友達が「LINE Pay」を使っているのであれば、銀行口座を知らなくても送金ができます。割り勘機能もついているので、プレゼントをみんなで一緒に送る時など、使い道があるのではないでしょうか。
send
ただし、送金機能を使うためには本人確認が必要となってきます。本人確認は銀行口座の登録、もしくは身分証のアップロードが必要です。

今ひとつ話題にはなっていないが…

Apple Payは大きなインパクトで登場して、Suicaの利用者が増大するなど、影響はとても大きいものでした。その他のおサイフ携帯もありますが、クレジットカードの登録が必要です。LINE Payはプリペイド方式であるため、その手軽さが魅力だと思われます。

現在、LINEでは積極的に「リアル」でのサービス展開をはかっています。先日発表された「LINEポイントが貯まる自動販売機」などではこのLINE Payで支払いができます。今度の動向によってはより便利になっていく可能性が大いにあるでしょう。