LINEが「デコ文字」導入!これって…「デコメ」の再来??

App

LINEが「デコ文字」導入!これって…「デコメ」の再来??

投稿日:2017年7月21日 更新日:

LINEは7月19日、絵文字の一種として「デコ文字」を導入しました。通常の文字に比べて太めで大きくカラフルになっています。現在はひらがな・カタカナ・アルファベット・特殊文字が利用可能になっています。また加えて絵文字も多数追加されています。

スポンサーリンク

デコ文字の使い方

使い方はとても簡単です。「あ」と入力すれば、利用可能なデコ文字がサジェストされます。

入力方法

デコ文字と特殊文字の一覧はこのようになっています。

ひらがな・カタカナ

ひらがな・カタカナ

アルファベット・特殊文字

アルファベット・特殊文字

これって、「デコメ」の再来??

ネットでの受け取り方は「デコメの再来ではないか?」と皮肉を言いつつも歓迎されているようです。

新たな使い方に期待

筆者が使ってみた印象としては、かなをタップするたびに絵文字のサジェスチョンが表示されるため少々邪魔に感じました。積極的にデコ文字を使おうというユーザーであれば気にならないのかもしれません。

LINEと言えばスタンプといってもいいくらい、感情表現としてのスタンプは浸透しています。過去、若者独自のケータイ文化が発生することは、そのサービスの発展を促してきた側面があります。このデコ文字も普通に使われるとは思いますが、若年層のユーザーが思いもよらないような使い方をしてくれると期待できそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

ユーザーが製作したLINEスタンプを販売できる「LINE Creators Market」が公開されてから5月8日で3年となりました。LINEはこの3年間の利用および販売実績を発表。LINEスタンプを …

「LINE災害連絡サービス」災害時、簡単に連絡を取り合えるサービスをLINEが提供開始

LINEが災害時に連絡を取り合えるサービスを提供開始しました。昨年の熊本地震では日本国内のトークが倍になるほどのメッセージがやり取りされることに。これを受けて、災害時に簡単に連絡を取れる手段を提供した …

LINEのバッチアイコン

即解決!「LINEのバッチアイコンが消えない」は不具合です

先日から、LINEのメールは全て「既読」にしたつもりが、ホーム画面のLINEのバッチアイコンが消えないという現象が多発しています。 これはLINEアプリの不具合によるものです。 現在は、この不具合を解 …

QR

口座を知らなくても送金できる、QRコードで支払いできる。「LINE Pay」って便利じゃない?

筆者はiPhoneを使っていますが、おサイフ携帯に対応していないため、Apple Payを使っても今ひとつ使い道がありません。そんな時、「LINE Pay」って便利なのではないかと思ったわけです。おサ …

アプリ使用傾向のグラフ

スマートフォンユーザーは日常的に10個のアプリを使っていて、1ヶ月に30個のアプリを使うという調査結果。

App Annieの調査によると、スマートフォンユーザーは1日に9つ以上のアプリを起動していて、1ヶ月には30個のアプリを使っているという報告がありました。ユーザーがアプリに使う時間は年々増加している …