激変するモバイル業界をキャッチアップ

App

メルカリが本やCDなどに特化したアプリ「カウル」をリリース。「ブクマ!」に対抗!?

投稿日:

メルカリのグループ会社ソウゾウは、本やCD、DVDなどの売買に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のiOS版をリリースしました。2016年8月から提供されている本の売買専門アプリ「ブクマ!」を追従する形になっています。

スポンサーリンク

メルカリ カウルとは?

出品したい本やCD、DVDなどのバーコードをカメラで読み取ると出品できる、カテゴリに特化したフリマアプリです。まずは、出品したい本のバーコードを読み取ります。

バーコード読み取り画面

すると、タイトルや著者などが自動的に入力され、売れやすい価格も過去の取引情報から提案されるなど、簡単に出品ができます。

出品画面

ユーザー数の多いメルカリにも並行して出品されるため、購入したいユーザーの目に入る機会は多いでしょう。配送に「らくらくメルカリ便」を利用した匿名配送も利用可能となっています。

「ブクマ!」に追従するメルカリ

古本売買のBOOK OFFの業績が落ち込むほどの影響を与えている、メルカリなどのフリマアプリによる中古売買。そこに注目し、本の売買に特化してバーコードで出品を容易にした「ブクマ!」が登場。飛躍的に出品数は増加して、2017年2月には20万冊の出品数となっています。

そのブクマ!を圧倒的なユーザー数をもって追従する「メルカリ カウル」。同様の仕組みを使いながら、本だけではなくCDやDVD、ブルーレイまで取り扱います。ブクマ!の存在が無視できないほど大きくなってきたのでしょう。

直接会って取り引きをする「ジモティー」に対抗して「メルカリ アッテ」。本の取り扱い「ブクマ!」に対抗して「メルカリ カウル」。個人間中古売買市場で他サービスの仕組みを取り込んで成長していくメルカリの今後に注目が集まります。

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SENSY1

AIがファッションをコーディネート!?「SENSY」を使ってみた…が…。

今、世の中はAIブーム。将棋でプロに勝つなど目覚ましい発展をしています。そんな中、AIがファッションをコーディネートしてくれるという「SENSY」。この開発会社「カラフル・ボード」が8億円の第三者割当 …

twitterlite1

新サービス「Twitter Lite」データ通信量を最大70%まで削減、最大30%高速。

Twitterが新サービスとして「Twitter Lite」をリリースしました。これは本来、低速なモバイル環境しかない国のために作られたものですが、格安SIMを使っているなど、低速な回線もしくは通信量 …

ICT総研によるニュース利用調査結果。アプリは4,000万人以上が利用し増加中。

昨今、スマートフォンの普及に伴い、ユーザの情報収集はニュースアプリやWebニュースに集中しています。それに呼応するようにアプリやWebにもニュースが大量に供給されています。その実態をICT総研の調査結 …

世界のアプリ収益トップ52社が発表される。日本でのアプリ収益はどのようになっているのか。

App Annie(アップアニー)は約70万社を調査し、2016年のアプリ売上とアプリ内広告収益から上位52社を発表しました。日本でランクインしたのは17社。日本のアプリ収益の構造をみていきます。 ス …

line1

「LINEビデオ通話」のアップデート。「使ってみた」ことをできるだけフォトショで伝えてみる。

LINEの「ビデオ通話」がアップデートされ、リアルタイムでエフェクトがかけられるようになりました。「SNOW」のようなものになったのかと思われますが、使ってみなければよくわからない。使ってみたものの筆 …