ニコニコ動画の有料会員数が減少。理由は?

カドカワが11月8日に発表した2018年4〜9月期の決算によると、ドワンゴが運営する動画ポータルサイト「ニコニコ動画」の有料会員(ニコニコプレミアム会員)数が194万人であると発表し、減少傾向にあるとの報告がありました。

スポンサーリンク

会員数が200万人を切ってしまう結果に

動画を優先的に視聴できる有料会員ですが、その会員数は2016年12月末から減少の一途をたどっています。会員数200万人超えがデフォルトであったにも関わらず、今期の報告ではついに200万人を切ってしまいました。

スポンサーリンク

月間アクティブユーザー数は伸長の傾向

しかし、新しい生放送アプリやVRコミュニケーションサービスといった新規サービスの提供もあり、月間のアクティブユーザー数は伸びている傾向にあります。この結果から推察するに、今までニコニコ動画の視聴のみをしていたライトユーザーは減少し、ニコニコ動画での配信やコミュニケーションを重視するユーザーには、サービス拡充における満足度が高まっているのかもしれません。

「ポータル事業の再成長に向けて取り組んでいる」としているドワンゴが今後もどのようなサービス拡充、サービスの利便化、プレミアム会員への特典付与をしてゆくのか、注目です。新規会員の獲得方法にも目が離せません。