いい雰囲気のカフェをInstagramで探せる!今、大注目の「Tastime」アプリを使ってみた。

App

いい雰囲気のカフェをInstagramで探せる!今、大注目の「Tastime」アプリを使ってみた。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

インスタグラマーという言葉をよく目にするようになりました。先日、人気インスタグラマーのファッションを参考にできるサービスを紹介しましたが、今度はその飲食店版です。Instagramで人気のある飲食店を探すことができます。どのようなサービスなのかみてみましょう。

スポンサーリンク

Instagramで人気の飲食店

以前、外国の方に聞かれたことがあります。「日本人はなぜ食事の写真ばかりアップするのだ?」それくらい、Instagramには料理の写真が並んでいます。その写真の多さは人気の高さに繋がっているわけです。そこに注目したのが「Tastime」。人気のカフェなどを探すことができます。

現在は都内を中心に約2,000店舗の飲食店情報を掲載。ただ写真を集めるだけではなく、Instagramと連携し、店舗の情報を運営側が登録しています。飲食店のページに紹介されている写真も運営側が選んでいて、美味しそうな写真や、店内の雰囲気がわかるようになっています。

使ってみた

まずは、「Tastime」アプリをダウンロードして、起動。Instagramアカウントでログインできるようになっています。

001

「ランキング」形式でお店が紹介されています。話題になった「Blue Bottle Coffee」が今も圧倒的な人気のようです。投稿数の多さから、その人気がわかります。他には「新着」タブや「急上昇」タブがあります。新規店で人気になったカフェなどを探す時に便利でしょう。

002

そして写真を横にスクロールしていくと、「もっと見る」というパネルが表示されます。

003

それをタップするとお店の詳細が表示されます。これは運営側が登録しているので正確な情報でしょう。

004

地図も表示できます。機能としては充分と言えそうです。

005

注目が集まるInstagramとの連携

冒頭にも紹介したように、Instagramと連携したサービスが増えています。若い女性を中心として、TwitterやFacebookからInstagramへユーザーが流れている影響でしょう。また、Instagramは広告媒体としても効果があると感じている企業が多く、その有効な活用が模索されています。

今回、「Tastime」は投資家からの出資を受けてサービスインした形になっており、業界として注目が集まっていることがわかります。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コース一覧

人工知能先生と英会話!発音に厳しいけど恥ずかしくない!

英語を話してみたいけれど、時間がない!そんな方は多いと思います。このAI英会話アプリ「TerraTalk」は好きな時間にAIと会話をして英語を学ぶアプリ。業界で注目を浴びているアプリがどんなものなのか …

メルカリ、ヤフオクなどで送料を安くする方法が登場!店舗での受け取りも可能に!

日本郵便は、メルカリやヤフオクといったフリマアプリ・オークションサイトとのシステム連携による配送サービス「e配送サービス」を提供開始しました。対象となるのは「ゆうパック」「ゆうパケット」で、それをベー …

LINEメッセージの「誤爆」を取り消しできるようになる予定!

LINEはトークで送ったメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を2017年12月以降に実装すると発表しました。機能提供時点での取り消し対象は「24時間以内」に送信したメッセージとなる予定で、その後 …

ポイント説明画面

「LINEショッピング」がグランドオープン!その狙いは何なのか…?

6月15日から「LINEショッピング」がオープンしました。有名アパレルブランドの商品が15%のポイント還元というキャンペーンが行われています。還元されるのはLINEポイント。なぜ今、LINEショッピン …

Instagramが返信の「スレッド表示」対応!見やすくなった!

Instagramには以前より返信機能がありましたが、それは時系列で並んだもので、誰に対する返信かはわかりづらいものでした。それが誰に向けた返信なのかわかるように「スレッド表示」されるようになりました …