ARKit対応!部屋に仮想の家具を置ける「RoomCo AR」

App

ARKit対応!部屋に仮想の家具を置ける「RoomCo AR」

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

株式会社リビングスタイルは、独自の3D技術を用いて20ブランドから実際の家具を試せるARアプリ「RoomCo AR」のARKit対応版をリリースしました。先日お伝えしたARアプリはイメージを掴むだけですが、これは実際の家具を仮想的に配置することができます。

スポンサーリンク

ルームコーディネイトアプリ「RoomCo AR」

このアプリは以前からAR(拡張現実)を使って、家具の配置を試してみるアプリとしてリリースされていましたが、正確な大きさを知るためには「ARマーカー」が必要でした。それが今回、ARKit対応したことで、iPhoneであればマーカー無しで試せるようになったものです。

このアプリは実際に売っている家具を試せることが大きな特徴です。収録されているブランドは以下の20ブランドになっています。

1. ACME Furniture
2. IDÉE
3. unico
4. 大塚家具
5. カリモク家具
6. カリモク60
7. Crastina
8. quiet hours
9. KEYUCA
10. journal standard Furniture
11. SEMPRE
12. TIMELESS COMFORT
13. ディノス
14. Francfranc
15. MOMO NATURAL
16. 無印良品
17. ヤマハ
18. Re:CENO
19. LIVING HOUSE.
20. Lenovo

実際に使ってみた

早速、実際に使ってみました。まず筆者の仕事部屋のスペースに何か置けるものを探してみたいと思います。

部屋の画像

このようにずらりと並んだインテリアから探すことができます。ブランドごとに探すことも可能です。

家具一覧

絞り込み検索もできます。

絞り込み検索

ではちょっと棚を置いてみましょう。いい感じの棚を選択し、部屋をぐるりと撮影するとARKitの技術を使って実際のサイズを実現してくれます。このようになりました。

家具の配置結果

大き過ぎますね。収まりますが、圧迫感があります。これは素晴らしい出来でしょう。圧迫感があることがわかるので、買って失敗するという可能性が減ります。

日本の家具を試せる

ARKitの発表から「IKEA」が独自アプリを開発すると話題になっていましたが、現在はまだ米国のみでのリリースです。その点、このアプリは日本製であるとともに日本のインテリアを20ブランドから試せるという意味でとても便利に出来ています。家具を検討する際には試してみてください。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

remote

Spotifyを1ヶ月使ってみてわかったこと。Appleミュージックとの比較も。

現在、Apple Musicが無料キャンペーンをしていて勢いがあります。ですが、先月、Apple MusicからSpotifyに乗り換えた筆者。1ヶ月Spotifyを使ってみて、いいところ悪いところ含 …

jmty2

面倒な登録なしにすぐに売買などができる「ジモティー」。使ってみた結果、驚くほどの簡単さ!

地元の人たちと簡単にものの売り買いしたり、あげたりできるアプリ「ジモティー」。面倒な登録なしに、ということなので、そんなに簡単に取り引きできるものなのかと、使ってみました。その使用感をお伝え致します。 …

Instagram

Instagramの広告主が激増。わずか1年間で5倍の100万社に。

Instagramが好調です。ユーザー数の増加と共に、広告主が1年前は20万社、昨年9月は50万社、現在は100万社になっています。これはInstagramの広告が効果的なことが増加の要因になっていま …

QR

口座を知らなくても送金できる、QRコードで支払いできる。「LINE Pay」って便利じゃない?

筆者はiPhoneを使っていますが、おサイフ携帯に対応していないため、Apple Payを使っても今ひとつ使い道がありません。そんな時、「LINE Pay」って便利なのではないかと思ったわけです。おサ …

LINEウォレット

大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

LINEが開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」で、数々の新機能やリニューアルが発表されました。その中でも特に大きなものとして、LINEが電子決済の中核を目指している動きが …