「ARKit」を使って空にメッセージを残す…これって?

App

「ARKit」を使って空にメッセージを残す…これって?

投稿日: コメント (0)


AR技術を使って空にメッセージなどを貼り付けることができるアプリ「Skirite」が公開されました。これはARKitに対応したiPhoneを使って、記念碑などにメッセージや写真を貼り付けられるもの。それを後から来た人がみるSNSアプリになっています。

スポンサーリンク

AR落書きアプリ「Skyrite」

落書きと言ってしまうと印象が悪いですが、観光地に来た記念に何か書き残しておきたいもの。それをAR技術を使って共有しようというアプリです。開発者が提供したコンテンツをARでみるのではなく、ユーザーが作ったARコンテンツが、共有されることが特徴でしょう。

ニューヨークの空

世界中の人と共有することもできますが、特定の友人のみにメッセージを残す機能もあり、友達の後に訪れた観光地にそのひとのメッセージが残っていると嬉しいかもしれません。

しかし、これって既視感が…

セカイカメラ

筆者がこのアプリを見てすぐに思い出したのは「セカイカメラ」でした。スマートフォンが普及し始めた頃、今までにない「拡張現実(AR)」を使って、道に「エアタグ」を残しておくというもの。その発想の斬新さに、当時大きな注目が集まりました。

しかし、セカイカメラには「広がり」がありませんでした。2008年にこのアプリが発表されましたが、その頃はまだ、Twitterでさえ日本での提供を開始すると発表した年です。今のようなソーシャル・ネットワークは一般的ではありませんでした。

今回ご紹介したアプリとセカイカメラに、コンセプトの大きな違いはなく、もはや斬新ではありません。問題は広く受け入れられるかどうかです。InstagramやLINEが黙って見ていることはないでしょう。

しかし、現在、写真や動画でメッセージをやり取りしていて、動画にフェイスエフェクトをかけることはある意味ARを使っています。もっと広い意味でARを使ってメッセージをやり取りできるような時代がやってくるとなると、面白いことが起こりそうです。

-App -, ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加