SNS・コミュニケーションアプリのシェア動向。「SNOW」が若い女性に浸透。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

App

SNS・コミュニケーションアプリのシェア動向。「SNOW」が若い女性に浸透。

投稿日:

ニールセンデジタルが、主要SNS・コミュニケーションアプリの利用状況について調査結果を発表しました。これはスマートフォンの行動分析サービス「Nielsen Mobile NetView」の2017年1月時点のデータを元に分析されたものです。

スポンサーリンク

各アプリの利用状況

出典:ケータイWatch

1位は断トツで「LINE」4,807万人という数字になっています。いかにLINEがコミュニケーションの手段として利用されているかがわかります。2位は「Twitter」、3位は「Facebook」と続いています。

ここで注目すべきは「SNOW」の急拡大。半年で28%という驚異的な伸びをみせています。

「SNOW」の急拡大と利用ユーザ

出典:ケータイWatch

動画コミュニケーションアプリ「SNOW」(スノー)。自分撮りした顔を動物などに変装できるアプリです。昨年は世界的に「セルフィー」と呼ばれる自分撮りが流行しました。それをコミュニケーションとして使うSNOWが急拡大し、うまく流れに乗ったとみられます。

利用ユーザ層は18歳~34歳の若い女性。同じ年齢層でみるとTwitterの男女比が半々なのに対し、圧倒的に女性が多くなっています。Instagramも若い女性ユーザに受け入れられていますが、SNOWの構成比は若い女性だけで半数を超えています。

各アプリの利用時間

出典:ケータイWatch

アプリを立ち上げてから利用している時間です。他のサービスはだいたい横ばいですが、InstagramとSNOWは伸びをみせています。これは動画コンテンツであることが理由として考えられるとニールセンは分析しています。

今後のコミュニケーションはどうなるのか

海外では「WhatsApp」や「Snapchat」が人気です。これを日本に置き換えると、LINEとSNOWになってくるでしょう。Snapchatは株式を公開し、初日にストップ高になるほどの期待を持って迎えられました。これに対してLINEやSNOWの浸透は、日本独特のものと言えるでしょう。これから先、アメリカ勢がどのようにアプローチしてくるのか、注目に値します。

参考URL:ケータイWatch

-App
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真の選択

Instagram写真を非公開および削除する方法。タイアップ投稿もアップデート。

Instagramは全ユーザーを対象に、写真を非公開にできるアーカイブ機能と削除機能を追加しました。思い出だけれども、もう見せたくない。そんな写真の扱いを自分で選択できるようになります。また、企業がイ …

messenger-day

FacebookのMessengerアプリに「24時間で投稿が消える」機能追加。「Messenger Day」

米国では「Snapchat」というアプリが大流行しています。それに対抗してFacebookが試験運用していた「Messenger Day」が日本でも正式にリリースされました。一体どういう機能なのでしょ …

PRELYトップ画面

異性へのプレゼントって何がいいの?。SNSデータからプレゼントを提案してくれる「PRELY」

たまに相談を受けます。「あなただったら何が欲しい?」。案外、パートナーではなくカジュアルに異性の友達へプレゼントする際、何にしたらいいのかわからないところ。そんなシチュエーションをSNSデータを活用し …

丸ボケ写真

「Affinity Photo」はiPad Photoshopの代替として充分すぎる。

写真加工アプリとしてのPhotoshopは業界でのスタンダードであり、そのフォトショマジックは驚くべき加工能力を持ちます。今回紹介する「Affinity Photo」はPhotoshopの代替ができる …

絵画スタイル

AIカメラアプリ「Microsoft Pix」がすごい。ペット用の無音カメラアプリにも。

Microsoftは人工知能(AI)を使ったiPhone用カメラアプリ「Microsoft Pix」をアップデートしました。アップデート内容は、AIを使って写真を絵画のようにペイントしてくれる機能。し …