Twitterで特定のキーワードをミュート可能に。その他、不快なメッセージからユーザーを守る機能追加。

App

Twitterで特定のキーワードをミュート可能に。その他、不快なメッセージからユーザーを守る機能追加。

投稿日: コメント (0)


Twitterは3月1日、よりTwitterを安全に使えるように機能追加したことを発表しました。この追加機能は順次ユーザーが利用できるようになっていくとのこと。ユーザーからすると「やっとか…」という機能もありますが、みていきましょう。

スポンサーリンク

キーワードによるミュート機能

ミュート機能

出典:Twitter

これが一番望まれていた機能ではないでしょうか。先日、指定キーワードやハッシュタグを含むツイートの通知をミュートできる機能が実装されましたが、「これじゃないんだよ…」という声がTwitter上で散見されました。

これで、自分のタイムラインに指定キーワードやハッシュタグを含んだツイートを非表示にできます。それに加えて、ミュートする期間を1日、1週間、1カ月、永久から選択できるようになります。

タイムラインを安全にカスタマイズ

その他次のような機能が順次利用できるようになります。

  • 攻撃的なアカウントの機能をアルゴリズムによって制限
  • 特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルタリングする機能を提供
  • ユーザーによる通報に対して連絡を返すようにする

アルゴリズムによる制限はまだ誤検知の可能性があるので、今後も改善されていく予定があります。特定タイプのアカウントとは、例えばタマゴアイコンのアカウントを制限することによりスパムを避けられることが考えられます。

Twitterの機能追加

最近におけるTwitterの機能追加はユーザーが求めていないものばかりのような気がしていました。フォローしているアカウントの「いいね!」でタイムラインが埋まったり、ニュースアイコンが下に表示されるようになったり…そもそも「Fav」を「いいね!」に変更したことを不満に思っているユーザーもまだいます。

業績が思うように伸びていないTwitter社の焦りもあるのでしょう。しかし、これまで不評な機能はすぐ取り消してきた経緯もあります。柔軟に便利に機能追加して欲しいところです。

参考URL:Twitter

-App -, ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加