今のところ「Spotify」と「Apple Music」どっちがいいの?使ってみた実感。

App

今のところ「Spotify」と「Apple Music」どっちがいいの?使ってみた実感。

投稿日:2017年6月17日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

6月15日に「Spotify」は月間アクティブユーザー数が1億4,000万人を突破したと発表しました。一方の「Apple Music」はWWDCでユーザー数を2,700万人と発表しています。これは世界規模の話。邦楽は閉鎖的な側面があり、聴くことができないアーティストがいます。「Spotify」と「Apple Music」どちらを選んだ方がいいのでしょうか。

スポンサーリンク

Spotifyの特徴

Spotify

筆者はApple MusicからSpotifyへ乗り換えたユーザーです。しかし、最近はSpotifyの限界も感じるようになってきました。それは「有名アーティストの配信に弱い」ところです。ここしばらく、期待していたニューアルバムがいくつかあるのですが、配信されなかったものがあります。

その有名アーティストの過去のCDは配信されているのですが、ニューアルバムが配信されません。地味に痛い…。これから配信されるのかもしれませんが、アーティストとの契約というよりレーベルの力が強い日本では難しい部分があるのかもしれません。

しかし、それを補うほどの魅力がSpotifyにはあります。先日リリースされた「Spotify Radio」もそうですが、新しい音楽との出会いはとても魅力的です。現に今もこの原稿を書きながら、初めて聴く日本人アーティストを流しています。

Apple Musicの特徴

Apple Music

それに比べてApple Musicは、既に知っているアーティストのニューアルバムは配信されます。そもそも配信サービス自体を拒否しているビッグアーティストは聴けませんが、配信に好意的な有名アーティストのニューアルバムはちゃんと配信される印象でした。

Appleの動きとしては、アルバムの限定配信をするなど、囲い込みによって他社サービスと差別化を図ろうとしています。日本のiTunes Storeで実績を積んできたからできる手段でしょう。そういう意味ではSpotifyが追い越すことは難しそうです。

ただし、新しいアーティストとの出会いはあまりありません。ニューリリースをチェックしても既に知っているアーティストのニューアルバムなので、偶然ということがないのです。

結局どちらがいいの?

結論としては、「どちらの体験を大切にするか」でしょう。今までのように知っているアーティストのニューアルバムを聞きたいのであれば「Apple Music」です。それとは全く違う、音楽との出会いを経験してみたいなら「Spotify」です。

これは試していませんが、「Apple Music」を使いながら「Spotifyの無料プラン」で新しい出会いだけを求めるという使い方は考えられるでしょう。Spotifyの無料プランではアルバム単位で聴くことはできませんが、プレイリストで気になるアーティストがいれば、Apple Musicで検索してみるといいかもしれません。

もし音質を重視するなら圧倒的に「Spotify」です。配信される楽曲の圧縮レートをSpotifyなら最高品質に指定でき、Apple Musicでは聴こえなかった細かな音が聴こえるようになるくらいの違いがあります。もちろん、それを聴けるだけのスピーカーやヘッドフォンの性能は必要です。

音楽は「体験」です。音楽業界ではアナログレコードに回帰する動きがあり、ライブの重要性が増しています。その中で、ストリーミング再生にどのような体験を求めるのか。ある意味、自分で決められる現状なのかもしれません。

1年使ってみてのレビューも併せてどうぞ。
一年使ってみた今「Apple Music」と「Spotify」のどちらがいいのか?

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ICT総研によるニュース利用調査結果。アプリは4,000万人以上が利用し増加中。

昨今、スマートフォンの普及に伴い、ユーザの情報収集はニュースアプリやWebニュースに集中しています。それに呼応するようにアプリやWebにもニュースが大量に供給されています。その実態をICT総研の調査結 …

出品画面

メルカリが本やCDなどに特化したアプリ「カウル」をリリース。「ブクマ!」に対抗!?

メルカリのグループ会社ソウゾウは、本やCD、DVDなどの売買に特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のiOS版をリリースしました。2016年8月から提供されている本の売買専門アプリ「ブクマ!」を追従 …

Twitterバナー

TwitterがフォロワーではないユーザーからのDMに承認機能を追加。

Twitterに機能追加がされました。アメリカでは既に実装されていますが、近いうちに日本でも実装される予定です。ユーザーがフォローしていない相手からのダイレクトメッセージをプレビューして「許可」するか …

ARKit対応!部屋に仮想の家具を置ける「RoomCo AR」

株式会社リビングスタイルは、独自の3D技術を用いて20ブランドから実際の家具を試せるARアプリ「RoomCo AR」のARKit対応版をリリースしました。先日お伝えしたARアプリはイメージを掴むだけで …

bot

Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

botとは機械的にツイートするアカウントの総称ですが、Twitterにはいろいろなbotが存在します。日本のものだと名言系botや芸能人botなどがみられます。そんなbotがTwitterのアカウント …