激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

2017年に発売される3種類のiPhoneは「True Tone」ディスプレイを搭載する?

投稿日:

バークレイ投資銀行によると、2017年に発売されるiPhone 7s/7 Plus/8は「True Tone」ディスプレイを搭載するとの予測がたてられました。これは現行の「iPad Pro」に搭載されている機能です。

スポンサーリンク

「True Tone」ディスプレイとは?

truetone

出典:MacRumors

ディスプレイの色は周りの光の色によって見え方が変化してしまいます。これはカメラで言うと「ホワイトバランス」が崩れてしまうということ。それを「フルスペクトルセンサー」で周りの光を感知し、本当の色に見えるように画面をコントロールするデイスプレイ技術です。

この機能は現行の「iPad Pro」に導入されていています。上の画像を見ていただくとわかるのですが、周りの光に合わせて「ホワイトバランス」が調整されて自転車の色が同じに見えるようになっています。

現在の「Night Shift」との関係

現在のiPhoneには「Night Shift」と呼ばれる機能があります。これもディスプレイで行なっている処理は一緒で、Night Shiftをオンにすると、画像で言うところの右側のように青い光を抑え、暖かく黄色がかったような色になります。

それをセンサーと組み合わせることによって、日中の陽の光、蛍光灯、電球色などに合わせた調整を行う形になります。

新型iPhoneの新しい予測

この予測は初めて聞くようになったものです。これまでの予測は「edge-to-edge」(SamdungのGalaxy8に似た)のOLEDディスプレイに関するものがほとんどでした。しかしこの新しい予測は妥当なものと思われます。既に実現している機能ですので、搭載されても不思議はありません。

参考URL:MacRumors

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Display

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。 スポンサ …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …

中古スマホ取り扱い店「じゃんぱら」がiPhoneの修理サービスを開始。そのメリットは?

中古パソコン、スマートフォンなどを取り扱う「じゃんぱら」が、iPhoneの修理サービスを開始しました。特別珍しいことではありませんが、使い方によっては便利だと思われます。そのサービスをご紹介します。 …

Apple Payに対応するクレジットカードが8社追加。合計20社でさらに便利に。

モバイル決済サービスの黒船「Apple Pay」が好調な滑り出しをみせています。 3月1日にはさらに8社のクレジットカードがApple Payに対応しました。 スポンサーリンク 新たに対応したクレジッ …

gripl1

ワンプッシュでケースが変形!iPhoneを握りやすくするケース「GRIPL」

手の中でワンプッシュするだけでiPhoneケースが変形。グリップしやすい形状となって、片手操作がしやすくなる。そんなiPhoneケースが発表となりました。商品名は「GRIPL」。iPhone 6/6s …