次期「iPad Pro」のCPUは現行Macをはるかに超える性能か?

Apple

次期「iPad Pro」のCPUは現行Macをはるかに超える性能か?

投稿日: コメント (0)


iPad Pro

2018年モデルの「iPad Pro」についての情報が出てきました。それは、Face IDを採用するだろうということと、「オクタコアのA11 Bionic」CPUが使われるということ。このCPUはiPhone Xよりも高速になりそうです。

スポンサーリンク

Macbook Proを超える「A11 Bionic」

この記事で紹介していますが、iPhone Xに搭載されている「A11 Bionic」チップはMacbook Proのi-5モデルを超える性能となっています。iPhone Xのチップは2つの高速コアと4つの高効率コアを搭載していて、性能とバッテリー効率の両立を実現しています。

今回、情報として出てきたiPad Pro用の「A11 Bionic」は「3つの」高速コアと「5つの」高効率コアを備えるオクタコアCPUとなるようです。チップを提供しているTSMCは7mmプロセスという現在でもっとも微細な加工技術を用いてこれを実現します。

つまり、iPhone X用のチップでさえ、Macbook Proを超えているのに、それよりも高速なCPU(正確にはマルチコアパフォーマンス)が2018年のiPad Proに搭載されることになりそうです。

用途が広がる「iPad Pro」

先日、iPad用のクリスタ「CLIP STUDIO PAINT」がリリースされました。マンガを描くユーザーには非常に好評で、充分に利用できるアプリになっているようです。しかし一方で、「少しもっさりしている」という声も聴かれ、これは次期iPad Proで解決されるでしょう。

iPadには「Affinity Photo」というPhotoshopと対抗できるほどの編集機能を持ったアプリがあり、これはAppleがiPad Pro発表する際にデモアプリとして使われるほどでした。

PCやMacのように「なんでもできる」訳ではなく用途は限定されますが、iOS11のリリースによりかなり使い勝手は改善されました。そして2018年にCPUが高速化されると、その名のとおり「Proでも使える」iPadになりそうです。

参考URL:MacRumor

-Apple -,

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加