新旧iPhone

2018年新型iPhoneはより高額に!?iPhone SE2はより安価に!?

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

現在、iPhone Xは日本で112,800円〜という、かなり高い金額で販売されています。しかし、米UBSのアナリストによると、今年の秋に発表されるiPhoneのフラッグシップモデルはこの金額を超える可能性があると指摘。それに加えiPhone SE2の価格にもふれています。

売れる金額なのか心配されていたiPhone X

iPhone Xイメージ

iPhone XはiPhoneシリーズのフラッグシップモデル。つまり最新の技術を詰め込んだiPhoneになります。しかし、発売された金額は999ドル(112,800円)とかなりの高額なプライシングがされました。

果たして10万円以上するiPhoneが売れるのかどうか。その心配をよそに、iPhone Xは米国のホリデーシーズンに最も売れたiPhoneとなりました。iPhone全体の売り上げ台数に対する影響は少なかったものの、その高いプライシングはAppleの売上高を伸ばしました。

スポンサーリンク

新型iPhoneは現行iPhone Xより高くなる!?

現時点では多くの関係者が新型iPhoneが高くなることはないだろうと考えています。フラッグシップモデルに使われた技術は時間とともに価格が下がるからです。しかし、米UBSのアナリストは、このような理由から新型iPhoneを「1,100ドル(約12万円)」と予測しています。

ここ数年の間にAppleはスマートフォンの平均価格を600ドルから800ドルへ引き上げた。iPhoneの平均価格を分析したトレンドラインでは、2018年のiPhoneは1,100ドルとなる可能性がある。

Appleは3つの戦略を取れる。

  • 価格曲線の範囲内でトップラインの機能(カメラやスクリーンサイズなど)を引き上げる。
  • プレミアム顧客を価格曲線の高い位置へ移動させる。
  • ローエンドの市場を活用しながら、トップラインの機能に基づいた高い価格帯を確立する。

その一方で、iPhone SE2は価格が下がる!?

上記の戦略を取った場合には、もう一つの可能性が浮かび上がります。現在349ドル(39,800円)のiPhone SEの後継を、ローエンドの市場を活用し、ハイエンドモデルとの差別化をはかるために、300ドル(約34,800円)まで引き下げる可能性です。

Appleはハイエンドモデルの「プレミアムな価格」を維持しつつも、App Storeなどの「エコシステム」に新しい顧客を呼び込むことがいかに重要かもわかっているはず。この観点からも米UPSのアナリストは「iPhone SE2は300ドル」という価格に言及しています。

参考URL:9to5Mac

Amazon Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
PC、スマホ、タブレットにも対応しているのでおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー