未来のMVをiPhoneで観ると?「Take On Me」のMVをARKitでリメイク。

Apple

未来のMVをiPhoneで観ると?「Take On Me」のMVをARKitでリメイク。

投稿日:2017年7月27日 更新日: コメント (0)


最近ではメジャーアーティストのMV(ミュージックビデオ)は、Youtubeですぐに公開され、プロモーションに使われています。そんなMVですが、80年代の大ヒット曲「Take On Me」のMVをAppleの「ARKit」でリメイクした動画があります。これは驚きの体験です。

スポンサーリンク

ARKitを使った意義

このビデオはARスタジオ「Trixi」で作成されました。Appleの「ARKit」を使い、Unityなどのミドルウェアを駆使して、実世界と拡張世界を融合させています。オリジナルのMVではスケッチブックに描かれたアニメになっていますが、それが3Dのオブジェクトになっているのです。

Trixiの創始者のシネリ氏は「実世界に『Take On Me』を配置するのではなく、『Take On Me』を体験に変えたかった」とコメントしています。

AR「Take On ME」

ではその一部を紹介していきましょう。現実の部屋に木枠が配置され、中で男性が踊っています。

踊るスケッチ

驚くべき点は、この木枠の中に入っていけるのです。踊っている男性の背中を見ることができます。

スケッチの中の世界

現実世界では子供たちが踊り始めます。どちらが現実なのか。もしかしたら、自分はスケッチされた人間なのかもしれないと錯覚しそうです。

子供のダンス

では、実際のMVを観ていただきましょう。

MVの新しい時代

最初に書いたように、アーティストのMVはプロモーションに使われるため、趣向を凝らした映像が多く、映像作家も様々なアイデアでアーティストの音楽を伝えようとしています。この技術の中にARが加わるとどのようになるのか、その一端をこのAR「Take On Me」はみせてくれます。

アーティストが自分の部屋で歌ってくれるのか、アーティストの世界へ連れて行ってくれるのか。これから斬新なアイデアが出てくると思うとワクワクします。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

古いiPhoneのバッテリーを交換したらAppleは得する?損する?

昨年、iPhone Xが発売され、生産の遅れにも関わらず好調な滑り出しをみせました。一方、バッテリーの古くなったiPhoneのバッテリー交換をしなければならなくなったApple。バッテリーを交換すると …

MDR-XB70BT

iPhone 8 / Xに「おすすめできる」Bluetoothイヤホン

iPhone 7以降、イヤホンジャックが廃止されてBluetoothイヤホンに注目が集まっています。iPhone 8 / Xで「使える」おすすめイヤホンを紹介していきたいと思います。コンセプトは「音質 …

パスワード共有ボタン

【iOS11】自宅のWi-Fiパスワードを友達のiPhoneに送る方法

iOS11ではiPhone、iPad、MacでWi-Fiのパスワードを共有できるようになりました。例えば、友達を家に招いた際に、Wi-Fiのパスワードを話して伝えることなく共有できます。外出先でiPh …

iPhoneとiPadのイメージ

やっぱり3月に来る!?iPhone SE2?次期iPad?次期Mac?

台湾DigitimesはAppleに部品を供給しているサプライチェーン、企業たちの動きから何かを掴んだようです。それは次期iPhoneか、次期iPadか、MacBookか、何らかのデバイスだと報じてい …

iPhone X

iPhone Xオーナーにオススメの操作トリック3つ!!

iPhone Xにはホームボタンがありません。したがってジャスチャーでiPhoneを操作しますが、かなり直感的に利用できます。そこで、もっとiPhone Xを使いやすくするジェスチャー3つを厳選してお …